地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME >
2020/12/07

長期優良住宅 K様邸 5年点検

長期優良住宅のK様邸の5年点検に行ってきました。
K様邸完成当時の記事はこちら

当時、K様は 「お母さんが、私たちの為に建ててくれた大切な家を取り壊したくない。」と いう想いで、

色々な工務店をまわっていたそうです。

築35年と伝えると、建て替えを勧められてしまうことが多く、 悩んでおられたところ、

K様の息子さんが大賀を紹介してくださり、 それがK様と大賀のお付き合いの始まりになりました。  

 

今回は、床下点検について、ご紹介していきます。

家ごとに、床下の高さなどは少し異なりますが

タイガハウスの床下は一般的な住宅の床下とは、 大きく違うところがあります。

それは、床下の基礎部分に 地中熱を各部屋に取り込むための配管が張り巡らされている ということです。

熱伝導方式 地中熱利用

ときにはこの配管を跨ぎながら 奥へと進んでいき、点検をおこないます。

床下点検の主な項目としては、

①基礎コンクリートのヒビがないか
②土台の腐朽はないか
③基礎コンクリや土台に、カビの発生や蟻道がないか
④給水管・排水管からの水漏れがないか
⑤各部屋に張り巡らされている配管から空気が出ているか (夏は、空気を吸い込んでいるか)
です。

★①~④は住宅の床下点検の必須の項目ですが、
⑤は、地中熱の配管が床下にある「地中熱住宅」 ならではの点検項目ですね!

熱伝導方式 地中熱利用

天井付近の温かい空気をファンで吹き下げ、床下に放出している。床上の赤い点は温度測定位置です。

  各部屋の床下に移動し、温度を測定しましたが 平均して17℃以上ありました!

K様からも「この時期でも、ほんとに寒くなくていいわ。」 とお言葉がありました。  

 

今回は、床下点検についてご紹介させていただきましたが それ以外の点検のことについても、

また少しづつお話していこうと思っています。


長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

2020/10/27

長期優良住宅のS様邸・5年点検に行きました。

5年前に「長期優良住宅化リフォーム」をおこなった、 お客様のご自宅の、5年点検に行きました。

「5年点検ってどんな点検をするの?」 「お客様からはどんなご相談があるの?」などの お話させて頂ければと思います。  

「長期優良住宅化リフォーム」と 先ほど書きましたが、そもそも「長期優良住宅」とは?    

簡単に言うと、 「長く良い状態を保ち、住み続けられる性能の高い家」として、

国が定める基準をクリアして、国からお墨つきをもらった住宅です。    

 

今回、点検をさせて頂いたお宅は、 5年前に長期優良住宅へとリフォームを おこなったお宅です。    

5年点検の点検部位は、 屋外は、基礎や外壁、屋根、雨樋、軒裏を・・・ 屋内は、土台や床組を・・・

それぞれの点検項目を、一つずつ確認していきます。  

 

また、電気設備、水回りや換気システムなどの設備関係の 点検も一緒におこなっていきます。  

その他にも、お客様に直接 「何かお困りのこと、ご質問などはありますか?」 と、お聞きしていきます。  

 

今回、お客様からは
・寝室の窓に結露が発生する。
・時々、24時間換気システムが止まっている というご相談がありました。

24時間換気システムが 正常に作動しているか確認すると、 一部作動していない場所が見つかりました。

寝室の結露も、一部の換気システムが作動していなかったことに 関係している可能性がある為、

作動していなかった場合の対処方法を お客様にお伝えし、

その結果結露が改善するか様子を 見て頂きたいと、お伝えさせて頂きました。

5年点検では、このように点検の項目を 一通りチェックしていくだけでなく、 お客様との会話の中で、

日頃、気になっていることなどをお聞きし、 今後の対処法などをお話させて頂きます。  

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん