地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME >
2021/09/16

長野市・断熱リノベーションと、その後

今回は「長期優良住宅化リフォーム」されたお施主に、なぜこのような大掛かりなリフォームをされたのか、また、その後の暮らしぶりはどうなのかを、お聞きしたので皆様にお伝えしたいと思います。

 

◆長野市で断熱リノベーションをなぜしようと思ったのですか?

私が結婚するときに、「娘婿さんをきちんとした家で迎えたい」と材木にもこだわり、それこそ命がけで母が建ててくれた家です。なので、取り壊してまっさらにしてしまいたくなかったんです。母の強い思いを残したくて、ずっとリフォームすることを考えていました。

工事前の全景

天井を剥いでみるとなるほど立派な小屋梁が現れました

 

◆長野市で築35年の広くて立派な家の改善したいところはどこでしたか?

築35年の家でとにかく寒かったです。あと大きな地震が続いていたので、それも心配です。広い間取りで壁があまりなく、窓ガラスが多かったのも心配でした。それと一番困っていたのが、床の不陸です。ここを何とか改善したいと考えていました。

工事前の部屋

 

定年退職する前にリフォームをしたかったのです。

定年退職する5~6年前から業者を探していて、いくつかのリフォーム会社に見てもらったのですが、この家を大切にしてくれる、そんな思いが感じ取れなかったんです。

 

◆敷地内に住みながらの断熱リノベーションでしたが、いかがでしたか?

幸い離れがあったのでそこに住みながら、毎日立ち寄りどんどん変わっていく工事を楽しみに見ながらの日々でした。イメージが違うと思えば、すぐ連絡して(笑)対応してもらえ、こちらのこだわりに応えてくれました。「ああ、もう言えない!」というようなことがなかったので、完成した時は大満足でた。

既製品を使わない階段刻みは、大工さんによる生きた数学を見るようです

 

 

断熱リノベーションのその後はどうでしたか?

「私の家をこんなにしてしまって・・」と母が言い出したのです。

工事中は、にこにこして納得してくれていたはずなのに、すっかり新しくなった自分の家に入ってそんなことを言うんですよ!

 

でも冬のある日、一人では歩きたがらない母がコロコロと家の中を歩いている姿を見つけて・・私は思わず顔がほころんでしまいました。

お母さん、一人で歩いてるんだ・・・よかった、気に入ってくれていたんだね!

「お母さん、あなたの大切な家これからもずっとず~っと大切にしていくからね、いつまでも元気でいてね!」って、じ~んとしてしまって、嬉しかったですよ・・。

と、電話を頂き「あ~よかったですね~」と、みんなで ホットしました。

お話を聞いて、リノベーション後にそんなことがあったなんて、初めはドキッとしましたが胸をなでおろしました。

 

 

一人で運動するお母さま(写真はお施主様より提供)

 

断熱リノベーションは大きな工事になります。お施主様はじめご家族様には負担がかかりますが、その先の皆様の笑顔、そして「一人になった時しみじみと幸せを感じています。ありがとうございました。」とのメールにも、断熱リノベーションのその先の穏やかな暮らしを垣間見ることができました。

こちらこそ有難うございました。これからも末永いお付き合いよろしくお願いいたします。

 

家族の笑顔があふれる広い居間になりました(写真はお施主さまより提供)

 

 

長野市断熱リノベーション、高気密・高断熱住宅、基礎外断熱、地中熱住宅、長期優良住宅化リフォーム
のことならタイガハウスへ

 

 

 

 

 

 

 

2021/08/25

長野市 地中熱住宅建築の先の笑顔

大賀が地中熱住宅を本格的に施工するようになってから10年以上になりました。
それまではどんなに一生懸命宣伝しても全く反応がありませんでしたが、
日本中で同じ地中熱住宅を提供している工務店仲間からは、
「5年間は辛抱の時だよ、頑張って!」とエールをもらっていました。

 

あれから15年、今までの施工事例は新築かリノベーションかの違いはあるものの、
すべて地熱住宅となりました。

誰しもが今夏の暑さは異常だとか、梅雨時に雨が少なかったが真夏に大雨で被害が出た、
など日々の気象現象の激化を実感しながら暮らしています。
熱中症という言葉や小さな子供が水筒を首にかけ遊ぶようになったことも、ここ10年ほどのことです。

 

ですが10年前と比較すると格段に人々の意識は変化してきていることが、
弊社の数年来の需要から感じとることができます。

今日は地熱住宅新築の図面ができたので、
お施主様にご説明と再度のうちあわせのため来社いただきました。

 

このところ長野市内でもコロナ感染者が激増しています。
小さなご家族の安全のためご主人だけ来社いただき、
奥様とは図面を見ながらリモートでの打ち合わせとなりました。

ご家庭と事務所でリモートで打ち合わせ中

 

途中電波が弱くなったりして「○○ちゃん聞こえてる~」「あ、大丈夫だよ~」と
ご夫婦で確かめ会いながら打ち合わせにご参加くださいました。

図面だけだは分からないところは、実際にモデルハウスのキッチンを
参考に移動しながらの打ち合わせとなりました。
コロナの蔓延する中での危険回避打ち合わせでしたが、
それはそれでリアルにご夫婦それぞれのご希望を聞くことができました。

移動しての説明

次回の打ち合わせの予約をしてお帰りになりましたが、
ご夫婦そろって本当に楽しそうに打ち合わせくださるので
私たちもつられて楽しくなります。
私たちはその気持ちを大切にしていきたいと思います。

 

 

長野市で地中熱住宅を新築・リノベーションで提供しているタイガハウス

2021/07/20

シラスそとん壁 土蔵外壁工事 

長期にわたる天候不良で延び延びになっていた外壁工事ですが、

梅雨が明けてみるといきなりの猛暑で、またまた職人さん泣かせの日々です。

 


 

今日は長野市36度とか言っていますが、外に出たくない暑さです。

それでも、仕事が遅れているので暑い寒いと言ってられないのが建設業なのです。

左官屋さんは、扇風機付きのジャケットはもう外せない必需品のようです。

これがあるからこの炎天下でも、何とか仕事になっているし、

疲れも違うと言っています。

 

さて、外壁シラス壁最後の工程になります。

下塗りから上塗りと3人で盛んに塗っていますが、この暑さで練ってある壁材の が

早く苦労していました。

普段でさえ乾きの早 いシラス材ですが、この猛暑で更に早く乾いてしまい、迅速丁

寧に拍車がかかります。

乾いて伸びの悪くなったシラス材は、もう一度練りなおされます。

 

ラスの上に下塗りをして、仕上げのシラスそとん壁材を塗っていき、半がわき状態

のうちに 仕上げゴテ をかけシラス壁の魅力である模様をつけていきます。

仕上げゴテを当てることにより、独特の風合いが生まれます。

明日にも板金屋さんが入り、足場を外し掃除をすればこの工事も完了、お引渡しとなります。

 

それにしても日本中この暑さです。

明日も35度~36度になるのでしょうか?

シラスそとん壁は、ほかの外壁材に比べると断熱効果も高いので、

建物内は涼しく感じるかもしれません。

 

 

余談になりますが先日、「薩摩中霧島壁』と『白洲漆喰』による

コロナウイルス不活化試験を実施した結果がメーカーから送られてきました。

いずれの壁材についても接触わずか10分でウイルス量を99.9%以上減少

させることを確認いたしました。との事でした。

2021/07/06

すべて栗の無垢材で作る家具

大町市にある「栗の木工房・さすほん」

大町市にある「栗の木工房・さすほん」は、

弊社社長の母の弟(叔父にあたります)が初代家具店の店主でした。

 

すでに母も叔父もおりませんが、叔父の孫夫婦が現在店主をしております。

大町市と長野市ですので最近は疎遠になっておりましたが、

先日久しぶりに訪ねてみました。

 


 

[さすほん]には、昔、私の嫁入り家具を父と見に行った懐かしい思い出があります。

その頃は一般的な家具屋でしたが、今は一味も二味もある栗の木に特化した工房です。

店内はすべて栗の木で作られた大きな家具から、小物に至るまで展示してあります。

 

家具は注文が入ってから職人さんの手で造られますが、この職人さんも身内の方のようです。

一生ものの先、二代三代と手入れをしながら使える家具です。

 

もともと栗の木はアクが強く固いため、建築資材としては部分的に使用することはあるのですが、

水にぬれたりするとアクが出ることがあり、なかなか難しい材種です。

栗の木の扱いに慣れている「さすほん」でも、今は栗の木でキッチン台は作らないそうです。

成長が遅く大きな材になりにくいため高価でもあります。


私たちが店を訪れたとき、店主が店先でクリーニング後の

栗のお仏壇を返送するために梱包しているところでした。

 

家具も一旦ばらして汚れやシミを取ると、また蘇り元気を取り戻すそうです。

『栗材は空気を沢山抱えた木なので手触りの良さとぬくもりは格別です』

と店主が話してくれました。

 

使うほどに艶が増して、それはお金では買えないもの。

使っている人だけにしかわからない時の経過なのかもしれません。
(長く暮らしている家を壊したくない気持ちも同様ですよね)

 

店内に置いてある二つの椅子の違いは一目瞭然。

この古い方を譲ってください、といいたくなるほどの魅力を醸していますが、

女王様でも経年を待たなければなりませんよ。(笑)

 

私たちが皆様に無垢材をお勧めするのも、これと一緒です。

弊社社長の父親は大工の棟梁として、多くの仕事の中からお弟子さんを育ててきました。

余計なことは言わず穏やかで、大きな手で木材を加工する寡黙で働き者の義父でした。

 

後年デイサービスに通うようになっても、

木工作の時間は特別嬉しそうに作業をしていたと聞きました。

 

お豆腐と日本酒が一日の終わりにあればそれだけで満足してくれた義父と、

同じ自然木をこよなく愛している職人に共通する匂いをこの店で感じることができます。

 


              【 地中熱と自然素材をたくさん使って建てるタイガハウス 】 

2021/07/06

シラスそとん壁 土蔵外壁工事 

5月の末から始まった土蔵の改修工事も、残すところ、左官工事のみとなりました。

土蔵外部仕上げは、シラスそとん壁を塗っていくのですが、その前に大工さんによる外部下地処理があります。

 

下の写真は、「木ずり」といいます。

壁にモルタルなど左官材を塗るための下地として張っていくもので、材種は主に

スギを使用しています。

建築現場ではよく目にする光景かと思います。

通気のため、縦に留められた胴縁の上に、一枚ずつこのように杉板を留めていきます。

長野 土蔵改修
須坂市 土蔵改修

写真は、大工さんによる木ずり工事が終わった段階での写真です。

通気のため、縦に留められた胴縁の上に、一枚ずつ木ずりを留めていきます。

 

このように土蔵の周りをぐるっと1周留めていくのは、足場上での作業になるの

で、見た目より大変な作業になります。

 

大工さん、毎日暑い中お疲れ様でした。

 

須坂 土蔵改修
須坂市 土蔵改修

 

次に、木ずりの上から壁下地用のシートを張ります。

シートには小さな穴が無数にあいており、湿気は通しますが水滴は通さないので、

壁内部の結露の発生を抑えます。

その上から、ラスという鋼製の網を取り付けていきます。

そとん壁やモルタルなどの左官材の吸着力を高める効果があります。

 

今週あたりから、そとん壁外部の下塗りの工程に入る予定です。

最近は雨の日が多いので、そのような日は土蔵内の作業が中心に進められます。

 

その様子は、次回のブログにてご紹介します。


長野市で高断熱の新築や断熱リフォームお考えなら「タイガハウス」へ

 

2021/06/17

自然素材100% シラス壁の性能

モデルハウスに見学に来られたお客様から「この壁は、珪藻土の壁ですか?」とよく聞かれます。

 

同じ塗り壁ではありますが、珪藻土の主原料は、珪藻。つまり植物性プランクトンが太古の昔に堆積したもの、

 

一方、モデルハウスの内壁「シラス壁」の主原料は、火山灰「シラス(白洲)」が堆積したものです。

 

シラス壁

 

珪藻土自体は自然素材なのですが、その結合剤として接着剤などの合成素材が使われた塗り壁材も多く存在します。

 

珪藻土の塗り壁にしたのに、接着剤などの合成素材によってシックハウス症候群を引き起こしてしまうケースがあるのです。(なかには結合剤にも、自然素材を使用している良質なものもあります。)

 

一方シラス壁は、一切の化学物質を排除した100%の自然素材で人の健康を害さない「安全・安心」な壁材です。

 

私たちは、住む人の『安全・安心』より、優先されるものは他にないと考えています。

 

そのため、健康を害さずほかにも様々な性能を持つシラス壁を、お客様におすすめしております。

 

タイガハウス・使用素材についてはコチラ

 

それでは、シラス壁には具体的にどのような性能があるのかを紹介します。

 

 

シラス壁の特殊な性能

シラス壁

→外壁に「スーパー白洲そとん壁」を採用した長野市Y様邸

 

 

①消臭機能

シラス壁は、ペット・タバコ・食べものなどの気になる生活臭を短時間で消臭する力があります。

 

家具や、建材から放出されたホルムアルデヒドなどの化学物質もしっかり吸着し、再放出しません。

詳しくは高千穂シラスさんホームページをご覧ください。

 

私たちの事務所は、<玄関ホール><リビングダイニング><トイレ>にシラス壁を採用しています。

 

また、外壁も「白洲そとん壁」というシラスの外装材を使っております。

 

 

②調湿機能

湿度に応じて、湿気を吸湿・放湿してくれます。

 

ジメッとした梅雨の時期でも、室内はサラリと爽やかな空気です。

 

エアコンの使用も抑えることができ、結露の発生やカビ・ダニの繁殖の抑制にもつながります。

 

 

③長寿命

ローマ時代のパンテオン神殿や、古代エジプトのピラミッドにも古代コンクリートの原料として使用され、今もその姿をとどめているほどの耐久性があります。

 

シラス壁は無機質の素材なので、紫外線に強く、雨風による色あせや劣化もほとんどありません。

 

防水性と透湿性(水蒸気を外に出す性能)が両立していること、耐久性の高さなどの特徴により、外装材としても力を発揮します。将来のメンテナンス費用を抑えたい方にもおすすめです。

 

また、このような性能の面だけでなく、見た目も自然素材ならではのやさしい風合いです。

 


ただいま進行中の工事は、土蔵の外壁と内壁をシラス壁にするという内容の工事です。

 

消臭や調湿の性能があり、耐久性にも優れたシラスな壁は、様々なものを保管する土蔵には、とても適しています。 

 

現場では、大工さんによって着々と、外壁にシラスを塗るための木ずりが打たれています。

 

長野市 リフォーム シラス壁

 

来週には、左官屋さんがシラスを塗る工程に入る予定ということなので、その様子はまた改めてご紹介します。

 


長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!

2021/01/08

高校生が断熱プロジェクト?!

今日から、2021年の営業が始まりました。

皆様、本年も宜しくお願い致します。  

少し前の話になりますが、 夕方のニュースで、ある高校生たちの取り組みが取り上げられました。

 内容としては、雪国の高校生たちが高校生活を送る中で、

断熱や気密が不十分である建物(自分たちの校舎も含む)の 問題を身をもって体感し、

その経験から断熱改修の必要性を感じ、 実際に自分たちの高校の教室を断熱改修するという内容でした。

 

  大賀も、「自然エネルギー信州ネット」という 県内の自然エネルギーの普及を目指すネットワークに登録しているので、

このような高校生たちの活動の情報が社長のもとに届いたようです。

「地元の高校生たちが、頑張っているよ。」 と社長から教えてもらいました。

白馬村は私の出身地であり、 高校の生徒たちから「断熱」という考えが出ていることに 興味が沸き、ニュースを見てみました。

ニュースの中で、 ある生徒たちを先頭に「断熱プロジェクト」の 活動が進んでいきます。

 

はじめは校内でアンケートをとり、 校舎について多くの生徒が寒さの問題を感じている

という結果を知るところからスタートしました。

その後、 教室全体を断熱しよう考えに至り、そのための資金集めをおこない、

生徒たちの手で、教室の壁や天井裏に断熱材を敷き詰めていく・・・ その活動の一連の様子が紹介されていました。

 

寒冷地の厳しい環境のなかでも快適に過ごす為に、

自分たちは何ができるのかを高校生たちが一生懸命考え、 実行に移していく姿に、本当に感銘を受けました。

  長野の高校生たちと、私たち工務店・・・。

「みんなが快適な環境をつくりたい。」 その想いは、一緒ですね。

いつか今回の活動をおこなっていた高校生たちが大人になり、 一緒にお仕事をする日が来たらいいなと思います。

 

断熱ワークショップ  

※写真はHakubaSDGsLab さんよりお借りしました。

2020/12/22

長野市【断熱リノベーション真冬の体感会】※受付終了

2021年1月の<断熱リノベーション 真冬の体感会>を開催中です!

※イベントは終了致しました。

最新のイベントはこちら

特別寒いこの季節だからこそ、「タイガハウス」の高断熱性能をより体感いただけます。

 

~今回の体感会でわかること・できること~

①断熱性能の異なる2つの部屋の温度の違いを体感できます。

②エアコンのあたたかさとは違う、蓄熱暖房機の優しいあたたかさを感じることができます。

③地中熱活用により、冬でも冷えこまない床下温度を実際に測定し、確認できます。

④天然素材のシラス壁の質感を見て、触って確かめることができます。
 また、シラスの消臭機能による気持ちの良い空気を感じることができます。

⑤コロナ対策にも力を発揮する、24時間ダクトレス熱交換換気扇の性能や仕組み

⑥スギの無垢材を使った床の、素足に優しい柔らかな肌ざわり

⑦こだわりの無垢材でつくった造作洗面台や、桜の木の無垢材のオーダーキッチンの 使い勝手や、
天然の木の温もりを見て、触って感じることができます。
 また、家づくりについて知りたいことや 不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

  ↓1月の開催日は、カレンダーの赤丸の日になります。↓

モデルハウス見学会

 

時間:AM:10:00~11:30 PM:14:00~15:30

場所:タイガハウス・モデルハウス 住所:長野市篠ノ井塩崎6777-5

TEL:026-293-3709

 

 

♦ご予約は、ホームページ内お問合せフォーム、またはお電話にてお願い致します。

※ご予約は、土日ともに金曜日までのご予約にご協力ください。

♦新型コロナウイルス感染症への対策として、完全予約制とさせて頂きます。

午前・午後ともに1組様ずつの貸し切り対応とさせて頂きます。

♦「平日しか夫婦そろっての休みがない。」「この時間は、どうしても都合がつかない。」 などの場合は、
別途対応させて頂きます。遠慮なくご相談下さい。  

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!

2020/11/18

焼杉の外壁 特徴

先週末の話になりますが、 社長が作業着を着て、事務所の外で作業をしていました。

濡れ縁

木材に塗料を塗る社長

社長は、PCに向かって図面を書いたり、書類作成をしている イメージが強かったため、

作業着を着て作業をする 社長は何だか新鮮に見えて、思わず写真を撮りました。  

 

 

塗っては乾かし…塗っては乾かし…を何度も繰り返しています。

一度だけだとむらができてしまう為、数回塗るのだそうです。

濡れ縁づくり

丁寧に塗られた木材

この木材を使って、大工さんが 近々、濡れ縁をつくるそうです!  

作業をおこないながら 目線を上に上げた社長が、

「そろそろ、事務所の焼杉も塗らないとな。」と言っています。  

大賀のモデルハウス兼、事務所の 外壁にはシラス壁と、一部焼杉板が使われています。  

お客様のお家でも、焼杉板を 外壁の一部に採用している方がいて、

写真を見る度、味があって素敵だなと感じます。  

 

 

焼杉自体は50年ほどもつ丈夫な外壁材です。

しかし、無垢の杉板ですので雨風に洗われ、 杉の地肌が少しずつ見えてきます。

長持ちさせるためには、 定期的に専用の塗料で塗装することが必要です。

杉の地肌(黄色っぽい色)が、 だいぶ見えてきたなというのを塗装時期の目安にするといいそうです!

焼杉の外壁 経年変化

大賀事務所の焼杉の外壁

 

大賀の事務所と同じように、ご自宅の外壁に焼杉を使われている方は、 家の周りをぐるっとまわって、

「うちは、黄色っぽくなっていないかな?」と観察してみてくださいね。


長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

2017/03/28

5つ星のゼロエネルギー住宅、BELS(ベルス)の家完成です!

昨年9月より着工した

「ゼロエネルギーの家」(3世帯同居)が完成し、

3月初めにお引き渡し、お引越しとなりました。

 

お施主様の本物志向から、

将来のメンテナンスを考え外壁は

「スーパーシラスそとん壁」を使用。

 

シラス壁は特に、

真冬の凍る季節に作業をすることは避けたいので、

年内に外壁左官工事までは終了させ、

外部足場を外し、雪の降るころ 室内の造作工事へ・・・

との工程をとりました。

 

年末までは何とか天候に恵まれ、

左官工事は暖かい日々に救われました。

 

近年は寒暖の差が激しく、

真冬ばかりか真夏でも、

あまりに気温が高すぎたりすると、

シラスの左官工事ばかりか

モルタルや吹き付け塗装の場合であっても

仕上がりが良くない場合が出てきます。  

 

余談ですが、うちの社長はこのシラス壁がすごく好きなんですね。

 

シラス外壁のお宅を見かけると、

しばらくその場を離れません。

 

かなり怪しいヤツ、と思われそうで怖いです。

 

又、職業柄か、工事中の家を見つけると、

運転しながらも現場を見てしまうのです。

 

助手席に乗ってる、こっちは命がけデス・・。

 

これだけは、気をつけて欲しいと言っているのですが・・。

 

  BELS(ベルス)の家とは、

一次エネルギー消費量をもとにBELS実施機関

省エネルギー性能を客観的に評価し、

5段階の星マークで表示したもので、

この家は最高ランクの5つ星の評価を頂きました。

 

  17miyaz7815

17miyaz7605 17miyaz7610

 

二間続きの和室・欄間と障子は

建て替え前の家の建具をサイズ直しで再び甦らせたもの。

 

新しい家に経年の建具類が加わることで、

趣のある部屋に仕上がりました。

 

  17miyaz7662 17miyaz7585

 

居間から和室を臨む・南に面した居間続きの和室前広縁は

冬の日差しが射し、

又、夏の日差しを和らげてくれます。

 

脱衣・洗面から浴室は、

一階、二階とも同様の作りになっています。

 

  17miyaz7588

 

小屋裏。天井は低いのですが、

日頃使わないけど捨てられない大切なものを。

 

タイガハウスの断熱工事は、

小屋裏まで住居部分と同様に断熱材で覆うので、

このように小屋裏までも、

真冬・真夏と変わりなく使用することができます。

 

  17miyaz7663 17miyaz7546

 

一階の親世帯のキッチンには、

IHクッキングヒーターを、

二階の子世帯のキッチンには、

スーパーラジエントヒーターを採用。

 

それぞれ別の特徴を持つヒーター機器ですが、

長短を見極め選択して頂きました。

 

各部屋の床板は、

杉無垢の無塗装材を使用。

 

杉の無塗装材は、

柔らかくキズつきやすいのですが、

それゆえに足裏に優しく 心地いいものです。

 

まだ幼いお孫さんが、

小学校を卒業するころにはきっと、

きれいな飴色の床に変身(?) しているかもしれません。

 

楽しみですね。  

 

ご家族の皆さんが

健康で穏やかに暮らせることをお祈りしております。

 

2015/11/02

長野市K邸・桜のキッチン据付

11月末の引き渡しに向けて、

工事もいよいよ佳境に入ってきました。  

 

この日は大工さんと一緒に

オーダーメイドキッチンの据付。

 

通常、大手メーカーさんに頼むキッチンの据付は、

メーカーの据付職人さんが据付に来てくれるので

オーダーメイドのキッチンの時だけ、

大工さんと2人で据付を行っています。

 

DSC_0003 (4)

 

 まずは大工さんにキッチンを据える為の腰壁を作って貰う訳ですが、

今回お客さんとの打合せ上で若干の食い違いがあったりして

キッチンの位置出しに悩みました。

 

  DSC_0037 (6) DSC_0034 (5)

 

それでも何とか無事に施工完了。

 

今回はKさんの希望で

カウンターの天板も桜で統一。

 

結構大きな出幅になっていますが、

少し幅落として使おうかとも一瞬思いましたが、

わざわざ小さくするのも勿体ないので、

そのまま角の面取りだけして使う事に。

 

カウンターの手前には

テーブルを置くそうなので、

テーブル周りのちょっとした小物なんかを

下に置いて貰っても良いかなと。

 

この後、キッチン側のちょとした壁の立ち上がりの部分には

モザイクタイルで仕上げる予定です。

 

それよりも今度は電気屋さんと一緒に

レンジフードを吊らないといけないので、

これまた緊張する仕事。

 

頑張ります。

2015/10/04

自然素材の塗料に付いて。

「自然素材の家づくり」と言われても、使われる材料全てが自然素材では有りません。その8

 

自然素材は生き物です良い所だけでは有りません、

素材によって 特徴が有りますので、今回は自然塗料に付いて

 

過去には柿渋や漆を使用った時代はありましたが、 

最近はほとんど見られなくなりました。

 

石油製品の塗料により

シックハウス症候群の問題等から、

室内環境問題が高まり

改めて 自然塗料が見直されはじめました。

 

日本で使われる自然塗料は

ドイツからの輸入品が多く、

ドイツでは自然塗料の「自然」という概念は、

塗料の原料調達から生産、

製品使用から廃棄に至るまでの

ライフサイクルにのすべての段階で

環境に負荷を与えないための評価手法「LCA(ライフサイクルアセスメント)」が

厳格に用いらています。

 

自然塗料は、

天然植物の油脂やワックス・天然樹脂などを、

原料としてつくられていますので

人体えの影響はないので安全で有ると言われ、

発がん性が疑わしい有害な化学物質等は

一切含有していませんので、

玩具の安全基準にも合格し、

赤ちゃんのおもちゃにも使えます。

 

フロアーの塗装は、

塗膜を形成しないために、

堅さと耐摩耗性はフロア(木の特性)に依存します。

 

仕上がり当初はキレイなフロアでも、

メンテナンスが行き届かなければ

汚れに変わってしまい、

その後のお手入れも

フロアー用のオイルを

塗り続ける事が必要に成ってきます。

 

又、自然塗料とは言っても、

物によって塗料が硬化乾燥する時に、

化学反応を起しシックハウスの 原因になる

ホルムアルデヒドが微量ですが

発生するものも有るようです。

 

塗装後乾燥する段階に

室内へ蒸気として放出され、

アレルギー症状が出る事も有るようです。

 

自然塗料は、商品ラベルなどに記載されている

記載事項を守って、使用時及び使用後は、

十分な換気をされますようお勧めします。

 

また、塗料が染み込んだウエスは

自然発火の恐れがあります。

 

ウエス等は使用後、

必ず水の入った容器に入れ

処理する必要が有ります。

 

環境問題などの観点から

注目されている自然塗料でも、

製造過程等によって

いろいろな問題が 発生しますので、

使用前にその部分も調べる必要があります。

 

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う タイガハウス

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん