地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME >
2021/10/20

須坂市・物置改修工事

須坂市・物置改修工事

須坂市でおこなわれていたR様邸、物置の改修工事が完了致しました。

 

母屋から、物置・土蔵とつながっており、土蔵は知らぬ間に野良ネコの住み家となっていたという、土蔵部分の解体の工事です。

 

物置 改修工事

解体されていく土蔵部分

須坂市 物置改修工事

中から見た、物置と土蔵の境界

須坂市 物置 改修須坂市 物置 改修

土蔵が解体され、新たな壁が造られていきます。窓も新たにつけたので日中は電気をつけなくても、物置で作業ができるようになりました。

 

須坂市 物置改修須坂市 物置改修

須坂市 物置改修

外壁のサイディングの色は、母屋の外壁の色味も考慮しながらお客様と話し合った上で、上のようなシックな色となりました。

これからは猫が物置の隙間から入ってくる心配もなく、物置に施錠ができるようになったので防犯面でも安心です。

 

R様、この度はありがとうございました。


長野市で高断熱の新築や断熱リノベーションをお考えなら、タイガハウスにお任せください!

2021/07/20

シラスそとん壁 土蔵外壁工事 

長期にわたる天候不良で延び延びになっていた外壁工事ですが、

梅雨が明けてみるといきなりの猛暑で、またまた職人さん泣かせの日々です。

 


 

今日は長野市36度とか言っていますが、外に出たくない暑さです。

それでも、仕事が遅れているので暑い寒いと言ってられないのが建設業なのです。

左官屋さんは、扇風機付きのジャケットはもう外せない必需品のようです。

これがあるからこの炎天下でも、何とか仕事になっているし、

疲れも違うと言っています。

 

さて、外壁シラス壁最後の工程になります。

下塗りから上塗りと3人で盛んに塗っていますが、この暑さで練ってある壁材の が

早く苦労していました。

普段でさえ乾きの早 いシラス材ですが、この猛暑で更に早く乾いてしまい、迅速丁

寧に拍車がかかります。

乾いて伸びの悪くなったシラス材は、もう一度練りなおされます。

 

ラスの上に下塗りをして、仕上げのシラスそとん壁材を塗っていき、半がわき状態

のうちに 仕上げゴテ をかけシラス壁の魅力である模様をつけていきます。

仕上げゴテを当てることにより、独特の風合いが生まれます。

明日にも板金屋さんが入り、足場を外し掃除をすればこの工事も完了、お引渡しとなります。

 

それにしても日本中この暑さです。

明日も35度~36度になるのでしょうか?

シラスそとん壁は、ほかの外壁材に比べると断熱効果も高いので、

建物内は涼しく感じるかもしれません。

 

 

余談になりますが先日、「薩摩中霧島壁』と『白洲漆喰』による

コロナウイルス不活化試験を実施した結果がメーカーから送られてきました。

いずれの壁材についても接触わずか10分でウイルス量を99.9%以上減少

させることを確認いたしました。との事でした。

2021/07/06

シラスそとん壁 土蔵外壁工事 

5月の末から始まった土蔵の改修工事も、残すところ、左官工事のみとなりました。

土蔵外部仕上げは、シラスそとん壁を塗っていくのですが、その前に大工さんによる外部下地処理があります。

 

下の写真は、「木ずり」といいます。

壁にモルタルなど左官材を塗るための下地として張っていくもので、材種は主に

スギを使用しています。

建築現場ではよく目にする光景かと思います。

通気のため、縦に留められた胴縁の上に、一枚ずつこのように杉板を留めていきます。

長野 土蔵改修
須坂市 土蔵改修

写真は、大工さんによる木ずり工事が終わった段階での写真です。

通気のため、縦に留められた胴縁の上に、一枚ずつ木ずりを留めていきます。

 

このように土蔵の周りをぐるっと1周留めていくのは、足場上での作業になるの

で、見た目より大変な作業になります。

 

大工さん、毎日暑い中お疲れ様でした。

 

須坂 土蔵改修
須坂市 土蔵改修

 

次に、木ずりの上から壁下地用のシートを張ります。

シートには小さな穴が無数にあいており、湿気は通しますが水滴は通さないので、

壁内部の結露の発生を抑えます。

その上から、ラスという鋼製の網を取り付けていきます。

そとん壁やモルタルなどの左官材の吸着力を高める効果があります。

 

今週あたりから、そとん壁外部の下塗りの工程に入る予定です。

最近は雨の日が多いので、そのような日は土蔵内の作業が中心に進められます。

 

その様子は、次回のブログにてご紹介します。


長野市で高断熱の新築や断熱リフォームお考えなら「タイガハウス」へ

 

2021/06/03

2階のトイレ使用時に注意すること。

先週のことです。

朝7時頃電話で「二階のトイレが詰まって使えなくなってしまって、見てもらえますか?」

と、申し訳なさそうな声でした。

設備屋さんは朝早いのですぐ連絡を取ると、タイミングよく訪問先の奥さんの出勤前に伺うことができました。

診断結果は排水管の詰まりでした。

その日の夕方、詰まりを解消するための高圧洗浄機で水圧をかけると、なんとか解決したようです。

今回は、二階のにあるトイレでの注意点をまとめました。

 


【注意点】

1)二階のトイレは一階のトイレと違い排水経路が長くなりがちで、詰まりやすい。

2)最近のトイレは節水タイプが多く、流す水量が少ないので詰まりやすい。

3)使用頻度が少ないため冬などは排水管の中で汚物が固まり(凍り)やすい。

4)トイレのお掃除シートや、トイレットペーパー以外のもの、またトイレットペーパーでも大量に流すと詰まりやすい。
(お掃除シートは水になかなか溶けにくいので、二階以上の場合は流さずゴミ箱にポイのほうがお勧めです。)

 

 

何となく考えてみても、排水経路が長く使用頻度が低いとなると、詰まりやすい事はイメージ出来そうです。

対処方としては「大便を流す際は2回排水してほしい」とのこと。

 

トイレの詰まりは見る側も、見られる側もなかなか大変ですので、日ごろから流す際にはご注意を。

特に二階・三階となると詰まる可能性が高くなりますので、ご注意ください。

 

今回は、設備屋さんがすぐ動けたのでその日のうちに解消されましたが、
使用頻度のすくないトイレは詰まりやすいということを、是非覚えておいてください。

 

 

完全外断熱の高気密・高断熱住宅 地中熱活用住宅 長期優良住宅 長期優良住宅化リフォームのタイガハウス

 

2021/05/22

長野市で断熱リノベしたT様のさらなるエコ生活

それ自体には特別な力はないようです。

私の周りで知っている人はあまりおりません。

多分弊社にご相談された方と、何気なくスマホを見ていてたどり着いた方しか知らないと思います。

 


 

長野市のT様邸は、二階部分を減築して平屋に断熱リノベーションし、

太陽光発電と日中の余った発電量を蓄電しておくための装置をセットしました。

このままでもかなりエコ生活だと思えますが、さらなるものに目をつけました。

 

エアコン使用時に普通に捨てられている廃熱、廃冷熱を利用して

冷暖房に使用するという設備を設置しました。

本体の大きさはドア一枚分ほどのものですので、

かなり重いようですがこのまま一枚の状態で送られてきます。

残念ながらすでに工事は終にわっていたので、取り付けの状態でご覧ください。

 

エアコンを冷やしたり温めたりするガスが通るホースが

室外機と室内の本体とをつないでいるのですが、そこに直接繋げ、

捨てられる熱や冷熱をそのまま利用するというものです。

 

エアコンの稼働率を30%強も節約してくれる、という優れものです。

逆に言えることは、30%以上もエアコンが長持ちして、

30%以上も冷房暖房費が節約できるということになるのかな?

 

 

 

上部に取り付けられているエアコンの配管が

カベ内部で繋げられています。

この工事のため、社長と電気屋さん3人で新潟の販売店で研修を受けてきました。

 

ですが、この設備を取り付けたいとご相談されたのは

長野市T様ご本人なのです。

 

「社長さん、こんなものを見つけたんですが、どうでしょう、私たち新潟まで行ってこようと思います。

資料を取り寄せてみたので見てください。いってみてよかったら取り付けようと思っているので、

また、相談に乗ってください」と、

休日に日帰りで新潟まで出かけたのです。

 

その結果かなり効果が実感できたようで、

施工側の弊社が新潟に行ってきたというわけです。

 

取り付けが完了し、冷房で稼働してみましたが、

わずかな時間で涼しくなり肌寒くなってきたので止めてもらいました。

体感する限りでは効果が期待できそうです。

 

この一枚のドアのようなパネルが冷え冷えになって数分で結露してくるのですから、

これからやってくる真夏が待ち遠しいです。

 

この優れものは、エコウインというものです。

 

お値段はまだまだ高価ですが、一年中冷暖房しなくてはならに施設などでは、

これから重要視されていくのではないかと期待されます。

 

エアコンの排熱を利用することは、言われてみればなるほど、と思いますが、

ただ捨てられていく廃冷熱に目を付けたところがすごいです。

 

 

 

 

電気工事が終わり、この後上部を大工さんが目隠しをして、

塗装やさんが木部を塗れば工事も終了です。

 

「今年の夏が待ち遠しいよね~」とお母さんとみんなで顔を見合わせてにっこり。

どこにも出かけられない猛暑の夏休みを、

涼しい我が家でゆっくりビールを片手にオリンピック観戦なんて、いいですよね。

2021/01/08

高校生が断熱プロジェクト?!

今日から、2021年の営業が始まりました。

皆様、本年も宜しくお願い致します。  

少し前の話になりますが、 夕方のニュースで、ある高校生たちの取り組みが取り上げられました。

 内容としては、雪国の高校生たちが高校生活を送る中で、

断熱や気密が不十分である建物(自分たちの校舎も含む)の 問題を身をもって体感し、

その経験から断熱改修の必要性を感じ、 実際に自分たちの高校の教室を断熱改修するという内容でした。

 

  大賀も、「自然エネルギー信州ネット」という 県内の自然エネルギーの普及を目指すネットワークに登録しているので、

このような高校生たちの活動の情報が社長のもとに届いたようです。

「地元の高校生たちが、頑張っているよ。」 と社長から教えてもらいました。

白馬村は私の出身地であり、 高校の生徒たちから「断熱」という考えが出ていることに 興味が沸き、ニュースを見てみました。

ニュースの中で、 ある生徒たちを先頭に「断熱プロジェクト」の 活動が進んでいきます。

 

はじめは校内でアンケートをとり、 校舎について多くの生徒が寒さの問題を感じている

という結果を知るところからスタートしました。

その後、 教室全体を断熱しよう考えに至り、そのための資金集めをおこない、

生徒たちの手で、教室の壁や天井裏に断熱材を敷き詰めていく・・・ その活動の一連の様子が紹介されていました。

 

寒冷地の厳しい環境のなかでも快適に過ごす為に、

自分たちは何ができるのかを高校生たちが一生懸命考え、 実行に移していく姿に、本当に感銘を受けました。

  長野の高校生たちと、私たち工務店・・・。

「みんなが快適な環境をつくりたい。」 その想いは、一緒ですね。

いつか今回の活動をおこなっていた高校生たちが大人になり、 一緒にお仕事をする日が来たらいいなと思います。

 

断熱ワークショップ  

※写真はHakubaSDGsLab さんよりお借りしました。

2020/12/07

長期優良住宅 K様邸 5年点検

長期優良住宅のK様邸の5年点検に行ってきました。

当時、K様は 「お母さんが、私たちの為に建ててくれた大切な家を取り壊したくない。」と いう想いで、

色々な工務店をまわっていたそうです。

築35年と伝えると、建て替えを勧められてしまうことが多く、 悩んでおられたところ、

K様の息子さんが大賀を紹介してくださり、 それがK様と大賀のお付き合いの始まりになりました。  

 

 

今回は、床下点検について、ご紹介していきます。

家ごとに、床下の高さなどは少し異なりますが

タイガハウスの床下は一般的な住宅の床下とは、 大きく違うところがあります。

それは、床下の基礎部分に 地中熱を各部屋に取り込むための配管が張り巡らされている ということです。

長期優良住宅 点検

ときにはこの配管を跨ぎながら 奥へと進んでいき、点検をおこないます。

 

 

床下点検の主な項目としては、

①基礎コンクリートのヒビがないか
②土台の腐朽はないか
③基礎コンクリや土台に、カビの発生や蟻道がないか
④給水管・排水管からの水漏れがないか
⑤各部屋に張り巡らされている配管から空気が出ているか (夏は、空気を吸い込んでいるか)
です。

★①~④は住宅の床下点検の必須の項目ですが、
⑤は、地中熱の配管が床下にある「地中熱住宅」 ならではの点検項目ですね!

 

 

長期優良住宅 点検

天井付近の温かい空気をファンで吹き下げ、床下に放出している。床上の赤い点は温度測定位置です。

  各部屋の床下に移動し、温度を測定しましたが 平均して17℃以上ありました!

K様からも「この時期でも、ほんとに寒くなくていいわ。」 とお言葉がありました。  

 

今回は、床下点検についてご紹介させていただきましたが それ以外の点検のことについても、

また少しづつお話していこうと思っています。

 

 


長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

2020/10/06

長野市リノベーション工事・お引渡しまであと少し(*^^*)

長野市にて、

改修工事(リノベーション工事)中のK様宅、

お引渡しまで、あと少しです。  

 

土曜日に、床養生を取り払い、

その後、掃除機をかけたり雑巾がけを おこなうなど、

仕上げのお掃除をしました。  

 

自分の家のお掃除は、

掃除機やモップなどで 簡単に済ませてしまいますが、

ぞうきん掛けは、力を入れて 床を磨くことができるので、

より汚れが落ちてきれいになり、 気持ちがいいですね。  

 

K様宅のリノベーション工事(改修工事)、

広々とした、明るいお部屋に生まれ変わりました。

 

  南側にあった部屋の壁を取り払い、

現在のリビングと1つの空間になっていくまでの様子を、

ご紹介させて頂きます。  

 

長野市 リノベーション工事(改修工事)

間仕切りを撤去中

 

長野市 リノベーション工事(改修工事)

改修後・南側から見たリビング

 

部屋の奥まで、 視界が抜けるようになり、

広々として感じます。      

 

南側には、掃き出し窓が取り付けられ、

窓からは、ご自宅のブドウ畑の緑が 目に飛び込んできます。

 

長野市 リノベーション工事(改修工事)

窓から見えるブドウ畑

 

以前と比べ、 窓の数が増えたり、

大きな窓が取り付けられたり したことでお部屋全体が、

とても明るくなりました。  

 

今回、K様宅にて最初の解体から最後のお掃除まで

時々お手伝いさせて頂いたりしながら

リノベーション工事の一連の工程を初めて 見学させて頂き、

とても貴重な経験をさせて頂きました。  

 

K様ご家族の皆様、

現場で私からの急な質問に丁寧に対応してくださった 職人さん方、

本当にありがとうございました!

 

 

2020/10/02

地元、白馬村の地価が上昇中!

「白馬村の地価が上昇してるのね。ニュースで見たよ。」と 奥さんから、聞きました。 自分が育った場所のことは、やはり気になるものです。 早速、「白馬村 地価 上昇」で検索してみました🔎   台風などの被害もあり、長野県内の地価が大きく下落している一方、 白馬村の、とある地区では、地価が去年と比べ30.3%と、 沖縄や北海道についで4番目に高い上昇率となっているという 記事でした。 主に、外国の方の投資目的での需要が増えているということです。   「なかなか自由に行き来できないご時世なのになぜ??」 とも思いましたが、新型コロナウイルスの終息後のことを見据えての 投資ということで、新しくペンションなどを建てているようです。 また、東京などの人口密集地の密集を避ける目的の日本人からの 別荘の需要などが増えていることも、地価の上昇には影響があるようです。     軽井沢が新型コロナの影響で、人気が高まっていることは、 何となく知っていましたが、自分の地元も新型コロナにより このような動きが出ていたのだな・・・と驚きました。   新しくペンションを建てていると記事には書いてありましたが、 白馬村にも、空き家があります。(村内を見渡した限り結構な軒数ありそうな気が・・・) 今ある建物をリノベーションやリフォームをするなどして、 上手に有効活用して欲しいなとも思ってしまいます。(*_*)   簡単なことではないかもしれませんが 過疎化が進んでいた地方が、 今回の流れで、少しづつ人口が増えて 以前のような活気を取り戻すような・・・。 そんな良い方向に、 進んでいってくれると嬉しいなと思います(*^^*)   さて!余談はさておき・・・   昨日は、改修工事中(リノベーション工事中)の K様宅にお邪魔致しました。   昨日は、電気屋さんによりエアコンの設置などの 設備関係の工事がおこなわれていました。 (今日もお疲れ様です!) 長野市 リノベーション長野市 リノベーション 長野市 リノベーション長野市 リノベーション    生活に必要な、設備が次々と設置されていきます。 お施主様へのお引渡しの日が近づいています(*^^*) 明日は、いよいよ仕上げのお掃除の日です! みんなで頑張るぞ~~~(^^)/     近いうちに、また様子をお伝えさせて頂きますね♪ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

2020/09/29

内装工事レポート(昨日の続き)

昨日お邪魔した K様宅の改修工事(リノベーション工事)の 内装工事レポートのつづきです!

長野市 リノベーション 内装工事

クロスを貼る前のお部屋の様子


長野市 リノベーション 内装工事

クロスを貼り終わったお部屋

  クロスを貼る段階までくると とても、お部屋らしくなりますね(*^^*)   全体を撮った写真だと、わかりづらいですが 壁紙の柄が、可愛らしい柄でした♪

長野市 リノベーション 内装工事

クローバー柄の壁紙☘

お客様のお孫さんのお部屋になるということで 可愛らしい壁紙にしたということでした🍀🍀   お孫さんは、現場で行き会うと ちょっと恥ずかしそうに「こんにちは!」 と挨拶をしてくれます。 (元気がでますね。ありがとう(*^^*))    

長野市 リフォーム 内装工事

クロスを貼る前

 

長野市 リノベーション 内装工事

クロスを貼った後

 

長野市 リノベーション 内装工事

クロスを貼り終わったキッチン入口

  写真が多めになってしまいましたが、 改修工事の一連の流れを見るのが初めての 私は、「こんな風に家が出来上がっていくのか!」 と、毎回現場に行くたびに、感動します(^^)   また、近々、現場にお邪魔させて頂きます(。-_-。)   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス      

2020/09/28

内装工事レポート(*^^*)

皆さん、週初めのお仕事お疲れ様でした! とうとう、 朝晩は、とても冷え込むようになってきましたね。 ようやく、秋が来たなという感じです。 私の実家(白馬村)の田んぼの稲穂も 実ってきたよと祖母からLINEで 写真が送られてきました(*^^*) 美味しい新米を食べるのが待ち遠しいです♪

秋の訪れ

実った稲穂

今日も、引き続き 改修工事(リノベーション工事)中のK様宅へ行ってきました(*^^*)   月曜日から壁にクロスを貼るということを 金曜日に内装屋さんから教えて頂いていたので、 カメラを片手に、現場の休けい時間が終わった頃に お邪魔させて頂きました。   金曜日にお邪魔したときは、 月曜日からクロスを貼るための 作業をおこなっていました。 石膏ボードやベニヤの上に、クロスを貼っていくのは 素人の私でも何となく知ってはいたのですが クロスを貼るまでには、色んな工程が間に あると知りました!

長野市 リフォーム ファイバーテープ

継ぎ目にファーバーテープを貼っていく。

何やらベニヤ板や石膏ボードの継ぎ目に メッシュ状のテープが隙間なく貼ってあります! 「これはなんだ?!」と思い、 先輩方に聞いてみると、 パテでベニヤや石膏ボードの隙間を埋め、 地震などの影響で動いたときにつなぎ目部分に 空気が入って、クロスが浮くのを防ぐのだそうです。 このメッシュテープは、そのパテを補強するためのテープ ということでした(*^^*)

長野市 リフォーム パテ埋め

ファーバーテープが隠れるようにパテを縫っていく


長野市 リフォーム 内装工事

仕上げのパテを塗る職人さん

  「作業の様子を撮影してもいいですか?」とお聞きすると 「ちょっと緊張するなー(^_^)」と、 少し、躊躇しながらもOKしてくれました! (ありがとうございます) そして、本日は いくつかの部屋にすでにクロスが 貼られていました!

長野市 リフォーム 内装工事

クロスを貼り終わったお部屋


長野市 リフォーム リノベーション 内装工事

クロスを貼る前の下処理が終わったお部屋

クロスが貼られると、一気に お部屋らしくなりますね♪   また、お引渡しまでの 現場の様子を細目に お伝えしていけたらと思います(^^♪   長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス  

2020/09/25

今日もお疲れ様です!

最近は、日が暮れるのが早くなりましたね。  

夕方、仕事が終わって帰る頃には、

もうだいぶ暗くなっています・・・。

 

何だかちょっぴり、

寂しい気持ちになります(‘_’) そんな中、

大賀の看板は、いつも明るく 照らされています。

 

長野市 篠ノ井 工務店

夕方 大賀事務所 看板

 

昨日、改修工事中のK様宅にて

内装屋さんと塗装屋さんが作業を しているということで、

現場に 行ってきました!    

「お疲れ様です!」と挨拶後、

内装屋さんや塗装屋さんが

作業している様子を見学させて頂きました。  

 

「写真、撮っても良いですか??」と 聞いてみると、

快く「かまわないよー。」と

承諾してくれました。

 

(ありがとうございます。)

 

長野市 リノベーション

快く写真撮影に応じてくれた作業中の塗装屋さん

 

長野市 リフォーム 

丁寧に、丁寧に細かいところまで塗っていきます。梯子に上って、刷毛で 半透明の液体を丁寧に塗っていきます。 「今は、どんな作業をしているのですか?」 と質問すると、柱や梁などに ニスを塗っているところだと教えてくれました。   柱や梁、桁などに使われているのは、 「構造用集成材」というものであり、 この集成材に、ニスを塗ることで 木材の表面をほこりなど、様々な汚れから 守ったり、湿気を防ぐなどの効果が あるということです!   今日見させて頂いた作業、 とても重要な作業だったのですね。 集中しているところ、 快く質問に答えてくださり、 ありがとうございました。     現場に行かせて頂くと 色んなことが学べて とても勉強になり、それが楽しいと感じます。   最後に・・・。 現場で色々なところの写真を 撮っていたら、ほっこりするものを 見つけました。

 

長野市 リフォーム 

お客様の思い出を見つけました。

    身長を測ることができるテープが 柱に貼ってあります。 そういえば、 私の祖父も、ちょうど同じように 兄弟3人分の成長を家の柱に 刻んでくれてたなぁ・・・(しんみり・・・) 大人になってから、柱の隣に立った時 「ずっと見守ってくれていたのだな。」 と、家族への感謝の気持ちが溢れました。    

長野市 リフォーム

家族みんなのお誕生日

家族のお誕生日まで記されています。 色んな場所に家族の思い出がたくさん見られました。 このお家で、また新たに家族の思い出が増えていくのですね。                  

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん