地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リノベ・断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME > スタッフブログ > 2階のトイレ使用時に注意すること。

スタッフブログBlog

2021.06.03

2階のトイレ使用時に注意すること。

先週のことです。

朝7時頃電話で「二階のトイレが詰まって使えなくなってしまって、見てもらえますか?」

と、申し訳なさそうな声でした。

設備屋さんは朝早いのですぐ連絡を取ると、タイミングよく訪問先の奥さんの出勤前に伺うことができました。

診断結果は排水管の詰まりでした。

その日の夕方、詰まりを解消するための高圧洗浄機で水圧をかけると、なんとか解決したようです。

今回は、二階のにあるトイレでの注意点をまとめました。

 


【注意点】

1)二階のトイレは一階のトイレと違い排水経路が長くなりがちで、詰まりやすい。

2)最近のトイレは節水タイプが多く、流す水量が少ないので詰まりやすい。

3)使用頻度が少ないため冬などは排水管の中で汚物が固まり(凍り)やすい。

4)トイレのお掃除シートや、トイレットペーパー以外のもの、またトイレットペーパーでも大量に流すと詰まりやすい。
(お掃除シートは水になかなか溶けにくいので、二階以上の場合は流さずゴミ箱にポイのほうがお勧めです。)

 

 

何となく考えてみても、排水経路が長く使用頻度が低いとなると、詰まりやすい事はイメージ出来そうです。

対処方としては「大便を流す際は2回排水してほしい」とのこと。

 

トイレの詰まりは見る側も、見られる側もなかなか大変ですので、日ごろから流す際にはご注意を。

特に二階・三階となると詰まる可能性が高くなりますので、ご注意ください。

 

今回は、設備屋さんがすぐ動けたのでその日のうちに解消されましたが、
使用頻度のすくないトイレは詰まりやすいということを、是非覚えておいてください。

 

 

完全外断熱の高気密・高断熱住宅 地中熱活用住宅 長期優良住宅 長期優良住宅化リフォームのタイガハウス

 

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん