地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME >
2020/12/07

長期優良住宅 K様邸 5年点検

長期優良住宅のK様邸の5年点検に行ってきました。

当時、K様は 「お母さんが、私たちの為に建ててくれた大切な家を取り壊したくない。」と いう想いで、

色々な工務店をまわっていたそうです。

築35年と伝えると、建て替えを勧められてしまうことが多く、 悩んでおられたところ、

K様の息子さんが大賀を紹介してくださり、 それがK様と大賀のお付き合いの始まりになりました。  

 

 

今回は、床下点検について、ご紹介していきます。

家ごとに、床下の高さなどは少し異なりますが

タイガハウスの床下は一般的な住宅の床下とは、 大きく違うところがあります。

それは、床下の基礎部分に 地中熱を各部屋に取り込むための配管が張り巡らされている ということです。

長期優良住宅 点検

ときにはこの配管を跨ぎながら 奥へと進んでいき、点検をおこないます。

 

 

床下点検の主な項目としては、

①基礎コンクリートのヒビがないか
②土台の腐朽はないか
③基礎コンクリや土台に、カビの発生や蟻道がないか
④給水管・排水管からの水漏れがないか
⑤各部屋に張り巡らされている配管から空気が出ているか (夏は、空気を吸い込んでいるか)
です。

★①~④は住宅の床下点検の必須の項目ですが、
⑤は、地中熱の配管が床下にある「地中熱住宅」 ならではの点検項目ですね!

 

 

長期優良住宅 点検

天井付近の温かい空気をファンで吹き下げ、床下に放出している。床上の赤い点は温度測定位置です。

  各部屋の床下に移動し、温度を測定しましたが 平均して17℃以上ありました!

K様からも「この時期でも、ほんとに寒くなくていいわ。」 とお言葉がありました。  

 

今回は、床下点検についてご紹介させていただきましたが それ以外の点検のことについても、

また少しづつお話していこうと思っています。

 

 


長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

2020/11/18

焼杉の外壁 特徴

先週末の話になりますが、 社長が作業着を着て、事務所の外で作業をしていました。

濡れ縁

木材に塗料を塗る社長

社長は、PCに向かって図面を書いたり、書類作成をしている イメージが強かったため、

作業着を着て作業をする 社長は何だか新鮮に見えて、思わず写真を撮りました。  

 

 

塗っては乾かし…塗っては乾かし…を何度も繰り返しています。

一度だけだとむらができてしまう為、数回塗るのだそうです。

濡れ縁づくり

丁寧に塗られた木材

この木材を使って、大工さんが 近々、濡れ縁をつくるそうです!  

作業をおこないながら 目線を上に上げた社長が、

「そろそろ、事務所の焼杉も塗らないとな。」と言っています。  

大賀のモデルハウス兼、事務所の 外壁にはシラス壁と、一部焼杉板が使われています。  

お客様のお家でも、焼杉板を 外壁の一部に採用している方がいて、

写真を見る度、味があって素敵だなと感じます。  

 

 

焼杉自体は50年ほどもつ丈夫な外壁材です。

しかし、無垢の杉板ですので雨風に洗われ、 杉の地肌が少しずつ見えてきます。

長持ちさせるためには、 定期的に専用の塗料で塗装することが必要です。

杉の地肌(黄色っぽい色)が、 だいぶ見えてきたなというのを塗装時期の目安にするといいそうです!

焼杉の外壁 経年変化

大賀事務所の焼杉の外壁

 

大賀の事務所と同じように、ご自宅の外壁に焼杉を使われている方は、 家の周りをぐるっとまわって、

「うちは、黄色っぽくなっていないかな?」と観察してみてくださいね。


長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん