地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME >
2021/02/25

長期優良住宅お得情報

長期優良住宅にすると何がお得になるのか?

1)税金面での優遇

  不動産を取得したときに発生する不動産取得税が安くなる

     ・不動産価格の0.15%の登録免許税が必要ですが、 

        長期優良住宅は税率が0.1%に優遇

     ・固定資産税は一戸建てで5年、マンションで7年もの間2分の1に減額

2)その他の金銭的メリット

     ・住宅ローン控除が、長期優良住宅では5000万円まで優遇
       (一般の住宅は 4,000万円まで)

      住宅ローンを組んで住宅を購入した場合に、10年間ローン残高の1.0%が
       支払うべき所得税から引かれるしたがって、 

      長期優良住宅であれば最大で年間50万円の控除を

       10年間受けることができる

     ・長期優良住宅にするときには、補助金が出る場合もある

 

3)長期優良住宅のデメリット

   申請には時間及び建築に費用がかかる

     ・長期優良住宅申請のための時間が必要になる

       補助金の申請を希望するのであれば、建築前に長期優良住宅の

        申請ができる工務店に相談するのがベスト

     ・通常の住宅と比べて建設コストが1.21.3倍ほどに増える傾向がある

       定期的な点検をする必要がある

     ・住み始めてからの定期点検が必要である

 

 長期優良住宅として認められるためにはさまざまな観点から長く快適に暮らせる家で
  あることを証明する必要があります。

 

 安全性や堅牢性に万全を期した住宅は、それだけ建築コストがかかってしまうこと
  が考えられます。

 

 木造の長期優良住宅を新築するなら、「地域型住宅グリーン化事業」の補助金
  最大110万円
を受け取ることができるかもしれません。

 

 さらに、キッチン、浴室、トイレ、玄関のいずれか2つ以上を複数の箇所に設置する
  住宅であれば、最大30万円が上乗せされる可能性があります。

 

 長野市 断熱リノベーション

長野市 リノベーション

 

 中古の住宅を長期優良住宅へとリフォームするための工事には

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助金最大300万円を受け取ることができる。

 

 この場合のメリットとしては、長期優良住宅を新築する場合と比較すると、

 固定資産税などが従来の既存住宅・中古住宅のままの金額ですむ。

 

 また増築する場合や10㎡以内に収めた場合、建築確認申請は必要ないため

 確認時の印紙税等が不要になり、見た目新築同然になったとしても

 住宅取得税はかからない。

 

 以上のように中古及び既存住宅を上手に活用し、長期優良住宅化リフォームで

 長期に使用できる住宅を確保するこは、国が進める中古住宅をなくす試みであり、

 さらに増え続ける地域の空き家対策に歯止めをかけることになります。

 

 私たち一人一人が自然環境のことを考えたとき、家から考えることは

 一番身近で一番大きな環境保全につながっていくものだと思います。

 

 


 

長野市で高断熱高気密住宅のリノベーションを中心に行っている
タイガハウス

2021/02/23

長期優良住宅化リフォームの打ち合わせ

長期優良住宅化リフォームの打ち合わせにおいでくださった長野市Y様ご夫妻。

今まで「長期優良住宅化リフォーム」見学会にはおいでいただいていたのですが、

そのまましばらく時間がたっていました。

タイガの情報誌「きまぐれ みにまむ通信」は毎月お送りしていたのでご縁だけは

つながっていたと思います。

たまたま暮れにお伺いしたとき、タイガハウス断熱リノベーションのお話になりそのまま

お邪魔して長々とお話させていただきました。

 

家を地中熱活用断熱リノベーションしたいが、4千万円もかかると聞いていたので

あきらめていたとのことです。

それを聞いて断熱リノベーションするこちらの方が驚きました。

そんなに費用が掛かるのなら、新築をお勧めしていますよ。

 

大きな誤解がどこから生じたのかわかりませんが、体感を兼ねタイガハウスに

おいでいただきました。

話し出すとお互い共感しあうところが多く、話が弾みすぎます。

すっかり夕暮れて気が付けば4時間もお引止めしてしまっており申し訳無いようでした。

 

 

4月からの長期優良住宅化リフォーム補助金の下調べをして、

上手に活用していきたいと思っております。

過去に地中熱活用断熱リノベーションした方々は補助金もありませんでした。

それでも皆さん家について真面目に深く考えて、地中熱活用断熱リノベーションを

行っていたのです。

その頃は「地中熱活用断熱改修」と言っていたのですが、

今は「長期優良住宅化リフォーム」といい、何軒も申請して、200万円~250万円の

補助金を皆さん受けておられます。

【長期優良住宅化リフォーム見学会より】

 

 

これからY様のご希望を叶えるべく、設計に入ります。

もちろん、地中熱を活用して「一年中暮らしやすい我が家」の断熱リノベーションを致します。

間取りもできる範囲内でできるだけご希望をかなえていくつもりです。

 

 


長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えならタイガハウスにお任せください

2021/02/22

自然環境を考えて、長期優良住宅にしました。

須坂市K様ご夫妻は、「これからはできるだけ環境に配慮した家にしなければいけませんよね」、

との強いご希望により長期優良住宅が完成しました。

今年はお住まいになって二度目の冬となり、地中熱の取り込みは少し安定しつつある

ところだと考えられます。

住まい心地はどのようなものなのかお聞きしたのですが、「とても温かく具合が

いいですよ、みんなでとても喜んでいますよ」とのことでしたが、今度お伺いしたときは

もう少し突っ込んだ質問をしてみたいと思っています。

 

建物ですが、外壁はシラスそとん壁を全面塗装いたしました。

火山噴出物シラスは天然素材100%の左官素材です。

シラス微粒子の多孔質構造がマイナスイオンを発生、高耐久性といった機能を持つため、

外壁塗装材としては特別すぐれた素材です。

シラス材は粒子がとても細かく、滑らかに伸びて、ひび割れが出にくい特徴がりまが、

速乾性があるため高度な左官技術も必要になるようです。

 

【シラスそとん壁施工】

シラス素材は熱処理をしていないため人工的に造ることのできない複雑な自然構造を保っています。

不思議な温かみを感じさせる「やすらぎ感」は、このようなことから得られるのだと思います。

メンテナンスフリーと言われているため、タイガハウスではできるだけシラスそとん壁をお勧め

しております。

初期費用はサイディング外壁等より高額になりますが、10年~30年後、それ以降メンテナンス

費用が掛からないとなると、高額なリフォーム費用は不要なので将来的には、そのほうがコストを

削減できるし、環境保全につながります。

 

玄関までのアプローチ及び内部土間は黒御影石を使用しています。

 

【玄関内部】

 

 

リビング南側に持ってきたアイランド型キッチンは、K様邸の象徴として家族団らんの時以外にも

ご主人と奥様が手料理をふるまってくださる接待の場所でもあります。

【南側にしつらえたアイランド型キッチンと調理台】

 

 

以前の家の飾り障子や欄間は洗い直し、和室やそれぞれの部屋のアクセントとして再び使用されました。

経年熟成した建具類は新しい家に深みを与えてくれます。

既存住宅でも新築住宅であっても、ともに末長く愛される家であってほしいと願っております。

                          


長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにおまかせください。

2021/01/08

高校生が断熱プロジェクト?!

今日から、2021年の営業が始まりました。

皆様、本年も宜しくお願い致します。  

少し前の話になりますが、 夕方のニュースで、ある高校生たちの取り組みが取り上げられました。

 内容としては、雪国の高校生たちが高校生活を送る中で、

断熱や気密が不十分である建物(自分たちの校舎も含む)の 問題を身をもって体感し、

その経験から断熱改修の必要性を感じ、 実際に自分たちの高校の教室を断熱改修するという内容でした。

 

  大賀も、「自然エネルギー信州ネット」という 県内の自然エネルギーの普及を目指すネットワークに登録しているので、

このような高校生たちの活動の情報が社長のもとに届いたようです。

「地元の高校生たちが、頑張っているよ。」 と社長から教えてもらいました。

白馬村は私の出身地であり、 高校の生徒たちから「断熱」という考えが出ていることに 興味が沸き、ニュースを見てみました。

ニュースの中で、 ある生徒たちを先頭に「断熱プロジェクト」の 活動が進んでいきます。

 

はじめは校内でアンケートをとり、 校舎について多くの生徒が寒さの問題を感じている

という結果を知るところからスタートしました。

その後、 教室全体を断熱しよう考えに至り、そのための資金集めをおこない、

生徒たちの手で、教室の壁や天井裏に断熱材を敷き詰めていく・・・ その活動の一連の様子が紹介されていました。

 

寒冷地の厳しい環境のなかでも快適に過ごす為に、

自分たちは何ができるのかを高校生たちが一生懸命考え、 実行に移していく姿に、本当に感銘を受けました。

  長野の高校生たちと、私たち工務店・・・。

「みんなが快適な環境をつくりたい。」 その想いは、一緒ですね。

いつか今回の活動をおこなっていた高校生たちが大人になり、 一緒にお仕事をする日が来たらいいなと思います。

 

断熱ワークショップ  

※写真はHakubaSDGsLab さんよりお借りしました。

2020/10/27

長期優良住宅化リフォーム S様邸の5年点検

5年前に「長期優良住宅化リフォーム」をおこなった、 お客様のご自宅の、5年点検に行きました。

本日は、「5年点検ってどんな点検をするの?」 「お客様からはどんなご相談があるの?」などの お話です。

 

 

そもそも「長期優良住宅」とは・・・・?    

簡単に言うと、 「長く良い状態を保ち、住み続けられる性能の高い家」として、

国が定める基準をクリアして、国からお墨つきをもらった住宅です。    

 

今回、点検をさせて頂いたお宅は、 5年前に長期優良住宅へとリフォームを おこなったお宅です。    

長野市 リノベーション

5年点検の点検部位は、 屋外は、基礎や外壁、屋根、雨樋、軒裏を・・・ 屋内は、土台や床組を・・・

それぞれの点検項目を、一つずつ確認していきます。  

 

また、電気設備、水回りや換気システムなどの設備関係の 点検も一緒におこなっていきます。  

その他にも、お客様に直接 「何かお困りのこと、ご質問などはありますか?」 と、お聞きしていきます。  

 

今回、お客様からは
・寝室の窓に結露が発生する。
・時々、24時間換気システムが止まっている というご相談がありました。

 

 

24時間換気システムが 正常に作動しているか確認すると、 一部作動していない場所が見つかりました。

寝室の結露も、一部の換気システムが作動していなかったことに 関係している可能性がある為、

作動していなかった場合の対処方法を お客様にお伝えし、

その結果結露が改善するか様子を 見て頂きたいと、お伝えさせて頂きました。

5年点検では、このように点検の項目を 一通りチェックしていくだけでなく、 お客様との会話の中で、

日頃、気になっていることなどをお聞きし、 今後の対処法などをお話させて頂きます。  

2020/03/04

長期優良住宅の完成です

地中熱活用の「長期優良住宅」が完成しました。

昨年の夏から本格的に始まった地中熱活用住宅ですが、2月にお引き渡しが完了しました。

この間台風19号の影響を受け、ご迷惑をお掛けしご心配も頂きました。

お預かりしていた大切な品々も被害を受け、お返しすることができない状態のものもありました。

このような不慮の事故のため、十分な保険に加入していたのですが(少なくとも弊社はそのように

思っていたのですが)、特約事項というものがあるということを聞かされておらず、

保証されませ んでした。

「保険はただ加入していればいい」というものではないことを勉強しました。

 

「災害ですから仕方無いですね」のお施主様の神対応に本当に救われました。

お引き渡しの時点で床下温度は10度ほど、室内温度は15~16度ほどでしたので、

なんにもしな いと寒く感じます。

 

暖冬とは言え厳冬期ににお引き渡しの場合は床下コンクリートも木材も冷え切っているので、

お引き渡 しの2~3日前から暖房を入れ体感温度を上げるようにしています。 

 DSCF5168

 

お引渡しの日に、天井からの温度が20度ほどになり、暖かく感じるようになりました。

伝導型地中熱は床下深く掘り下げたり、床下に暖房機を置いたりして熱

を加えることはありません。

本当に単純な工法ですので、一般住宅には取り入れやすいと思います。

お施主様も温かさを実感してくれており、施工側もうれしい限りです。

2019/07/27

「タイガハウス」をもっと進化させるために!

地中熱住宅といっても、

その取り込み方法にはいくつかあります。

 

その中で、地熱の取り込み方法、

工事のしやすさ、実際の効果、

そして何よりも重要である 住宅で活用した場合の

初期費用のことを考え、

「伝導型地中熱」を選択し10年が経ちました。  

 

その間、地中熱を活用した

「長期優良住宅」の新築、

既存住宅に地熱を活用した

「長期優良住宅 化リフォーム」と、

地中熱を活用した省エネ住宅を

数多く施工させて頂きました。

 

ご支持頂いたOBお施主様、

そして現在進行形のお施主様には

ご理解いただき嬉しいばかりです。

 

ありがとうございます。  

 

ここ数年、国から補助金や認定証が交付されたり、

省エネ住宅★五つ住宅として

税金や融資の金利 などの

優遇措置も取られております。

 

それだけ、国がエコ住宅に力を入れ推進している、

ということなんだと思います。

 

  6月初旬、開発元から

「配管部材などいくつか改善したらいい結果が出たから、一度見に来ない?」 と誘われ、

電気屋さんと私・息子の3人で千葉迄行ってきました。

 

向かった先は、千葉県八千代市のSさんのお宅。

 

Sさんは航空会社で空調関係のお仕事をされていた、その道のプロ。

 

一軒目の家は地熱を使った家。

 

ですが、そこがSさんの凄いところで、

もっと改善できないか・・

そんなふうに思い、

開発元と思考錯誤したようです。

 

そして、その方法で2軒目の地熱活用住宅を

建ててしまったとのことなのです。

 

うらやまし~~、

私などは良いと分かっていても、

なかなかできません。

 

  DSC_0212

DSC_0214  

 

今回、見学させて頂き、

なるほどと納得致しました。

 

早速これからの家づくりに取り入れていきたいと思います。

 

いい結果はどんどん取り入れ

「タイガハウス」を

進化させていきたいと思います。

 

Sさんありがとうございました。

 

長野にお出での際には是非弊社にお立ち寄りいただき、

もっと色々 な話を聞かせて欲しいと思います。  

 

 

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん