地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リノベ・断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME >
2021/10/17

【ヒートショックを起こさない】家の中で足元が冷える理由と簡単な対処方法

家の中で足元が冷たい・寒い。

今回はこんなお悩みの原因と、簡単なDIY程度で出来そうな対処方法をお話します。


家の中で足元が冷える原因

家の中で足元が冷える原因は大きく二つ考えられます。

 

原因その1
建物の床下から外の冷気を床下に取り込んで、それが室内に入っている。

 

まずはこれが一番に考えられます。

多くは建物の基礎にある地窓、もしくは、ちょっと古いお宅では、

建物自体が地面から浮いているような造りの建物もあります。


この様な造りは床下を乾燥させるため(湿気によるシロアリ被害対策のため)

施された工法で、建物が浮いてる家はともかく、地窓がある家は現在でも

普通に建てられています。

 

この様な工法がダメと言う話ではなくて、

冬季に関して言えば、冷気を床下に流している事になりますので、

床からの冷え込みで足元からの体感温度を下げてしまっていると考えられます。

 

 

原因その2
建物の気密性が低い為、家中の窓やドアを閉めていても隙間から冷気が入ってくる。

特に家の外からも内からも柱や梁などの構造部材が見えている家(真壁造り)は要注意です。

 

冷気が入ってくるという事は、暖気が出て行ってしまう事と同義ですので、

いくら暖房してもなかなか部屋が温まらない、という現象になります。

 

入って来た冷気は下に落ちて行きますので、床を冷やし、足元を冷やします。

 

また、暖房していない部屋が寒すぎるのでヒートショックの原因とされています。

 

人が居る全ての部屋に暖房が必要になりますので、

冬季のエネルギー(ガス・灯油・電気)費用がグンっと

上がってしまうかもしれませんが、命には代えられません。

無理に我慢せずに暖房を点けてください。

 

簡単にできる対処方法

 

対処その1
冬の間だけでも家中の地窓を断熱材で塞ぐ。

 

ご存じの通り、建物の気密・断熱性能を上げるのは簡単ではありません。

 

DIYで可能な対抗策とするとこれくらいでしょう。

 

理想は基礎全体を断熱材で覆いたいのですが、

できなければ地窓だけでも塞いでください。


たまに「ウチの地窓は開閉式で閉められる」と仰るお宅がありますが、

地窓をただ閉めるより効果が期待できます。

 

面倒ですが、温かくなったら必ず外して、通気が取れる様に戻して下さい。

 

断熱材はメーカーの違いで色が違ったり、等級の違いなどがありますが、

とりあえず気にしなくて良いです。パネル状の物で一番安いのを買って試して下さい。
(ただし厚みだけは、あまり薄い物は作業中に割れてしまう事が有りますので

25㎜以上が良いと思います。)

 

↓こんな感じのパネル状の断熱材はホームセンターに普通に売っています。

 

素材自体は発泡スチロールのちょっと固いバージョンみたいな物なので、

カッターで切れますが、もし手元にノコギリの様な物があれば

その方が安全で簡単に切れると思います。

 

1枚1820㎜×910㎜の大きさなので、1枚買えば結構な数の

地窓を埋める事が出来るはずです。

 

ただ普通乗用車で持って帰って来るには丁度めんどくさい大きさですので、

ホームセンターでカットしてもらえるなら、長さ1/3くらいに

カットして貰うと運びやすいと思います。

 

地窓の開口を測って、地窓にキッチリハマる様に

断熱材をカットしてハメ込んでください。

 

地窓を塞いだ上で更に、室内がフローリングならカーペーットやパネル状の畳を敷く、

畳ならカーペットを敷くなどすると更に効果が上がると思います。

 

建物自体が浮いている構造の家には向かないかもしれません。

でも、「どうしても我慢出来ないから試したい!」という方は

ご相談頂ければ、アドバイス致します。

 

対処その2
建物自体の隙間はほぼ見えない
見える場所は隙間埋めテープやコーキングなどで隙間を埋める

 

根気の必要な作業ですが簡単な作業で済ますなら、結局これが一番です。

ただし、この隙間から今までは無意識に換気を行えていましたが、これが塞がると

換気不足になる場合が有りますので、ファンヒーターに「換気をしてください」と

言われる頻度が上がるかもしれません。意識的に換気を行ってください。

 

 

まとめ

・床下に冷気を入れない。

・建物自体の隙間はどうする事も出来ない部分がほとんどだが、
    目に見える場所は隙間を埋める。

 

怪我などしない様十分に注意して、この冬の間だけでも試してみて下さい。


 

 

最近の住宅の基礎はどうなってるの?という方はコチラで詳しく
2021/05/22

長野市で断熱リノベしたT様のさらなるエコ生活

それ自体には特別な力はないようです。

私の周りで知っている人はあまりおりません。

多分弊社にご相談された方と、何気なくスマホを見ていてたどり着いた方しか知らないと思います。

 


 

長野市のT様邸は、二階部分を減築して平屋に断熱リノベーションし、

太陽光発電と日中の余った発電量を蓄電しておくための装置をセットしました。

このままでもかなりエコ生活だと思えますが、さらなるものに目をつけました。

 

エアコン使用時に普通に捨てられている廃熱、廃冷熱を利用して

冷暖房に使用するという設備を設置しました。

本体の大きさはドア一枚分ほどのものですので、

かなり重いようですがこのまま一枚の状態で送られてきます。

残念ながらすでに工事は終にわっていたので、取り付けの状態でご覧ください。

 

エアコンを冷やしたり温めたりするガスが通るホースが

室外機と室内の本体とをつないでいるのですが、そこに直接繋げ、

捨てられる熱や冷熱をそのまま利用するというものです。

 

エアコンの稼働率を30%強も節約してくれる、という優れものです。

逆に言えることは、30%以上もエアコンが長持ちして、

30%以上も冷房暖房費が節約できるということになるのかな?

 

 

 

上部に取り付けられているエアコンの配管が

カベ内部で繋げられています。

この工事のため、社長と電気屋さん3人で新潟の販売店で研修を受けてきました。

 

ですが、この設備を取り付けたいとご相談されたのは

長野市T様ご本人なのです。

 

「社長さん、こんなものを見つけたんですが、どうでしょう、私たち新潟まで行ってこようと思います。

資料を取り寄せてみたので見てください。いってみてよかったら取り付けようと思っているので、

また、相談に乗ってください」と、

休日に日帰りで新潟まで出かけたのです。

 

その結果かなり効果が実感できたようで、

施工側の弊社が新潟に行ってきたというわけです。

 

取り付けが完了し、冷房で稼働してみましたが、

わずかな時間で涼しくなり肌寒くなってきたので止めてもらいました。

体感する限りでは効果が期待できそうです。

 

この一枚のドアのようなパネルが冷え冷えになって数分で結露してくるのですから、

これからやってくる真夏が待ち遠しいです。

 

この優れものは、エコウインというものです。

 

お値段はまだまだ高価ですが、一年中冷暖房しなくてはならに施設などでは、

これから重要視されていくのではないかと期待されます。

 

エアコンの排熱を利用することは、言われてみればなるほど、と思いますが、

ただ捨てられていく廃冷熱に目を付けたところがすごいです。

 

 

 

 

電気工事が終わり、この後上部を大工さんが目隠しをして、

塗装やさんが木部を塗れば工事も終了です。

 

「今年の夏が待ち遠しいよね~」とお母さんとみんなで顔を見合わせてにっこり。

どこにも出かけられない猛暑の夏休みを、

涼しい我が家でゆっくりビールを片手にオリンピック観戦なんて、いいですよね。

2021/02/25

バーチャル見学会開催中!

地中熱と太陽光の家 タイガハウス

新型コロナウイルス感染症予防の対策の一環として
モデルハウスのバーチャル見学会ができるようになりました。

築40年の家を、地中熱を活用した住宅へと
断熱リノベーションしたモデルハウスです。

 

イベント情報のページから、ご覧いただくことも可能ですが、
下のオレンジのテキスト部分をクリックすると、
360°カメラによって撮影されたモデルハウスの内観をご覧いただけます。

 

<バーチャル見学会は、こちらからどうぞ>

 

 

なお、バーチャル見学会と合わせまして、
モデルハウスでは、実際に室内環境を体感して頂ける体感会も随時開催しておりますので
興味のある方は、お気軽にお問合せください。

2021/01/15

開けっ放しのドア

子どもの頃、冬にリビングのドアをしっかりと閉めないと、

母から「あっ!また開けっぱなし!」と、よく注意されたものです。

 

ところが、この寒い季節に大賀のモデルハウス兼事務所の室内のドアというドアは、

1階も2階もすべて開け放たれています!

実家の母が見たら、きっと黙っていないことでしょう・・・。

 

地中熱システム地中熱システム  

 

しかし、すべてのドアを開けていても、どの部屋でも不思議と寒さは感じません。

1階では、1台の蓄熱暖房機が21℃の設定でついていますが、

2階は暖房器具を1つも使わずとも、常に20℃前後に保たれています。

 

地中熱活用システム

2階の温度は常に、20℃前後に保たれている。

 

家中の部屋の温度が20℃前後あると、真冬でもモコモコに着込む必要がないので

厚着が嫌いな私は、春先とあまり変わらない服装で快適に仕事をしております。

地中熱システムのファンにより、家中の空気が、床下から壁の中・天井裏まで、

ずっと循環し続ける為、各部屋の温度差がほとんどなくなります。

 

そして、蓄熱暖房機からじわじわと放出させた温かい空気が家の外に

逃げていかないので 家中のドアがすべて開きっぱなしでも、

どの部屋も寒くないのですね。  

タイガハウスの家で、毎日を過ごしているとドアを閉めて歩く習慣がなくなるので、

久々に実家に帰った時に、母から「あ!開けっぱなし!」とまた叱られてしまいそうです・・・。

2020/12/22

長野市【断熱リノベーション真冬の体感会】※受付終了

2021年1月の<断熱リノベーション 真冬の体感会>を開催中です!

※イベントは終了致しました。

最新のイベントはこちら

特別寒いこの季節だからこそ、「タイガハウス」の高断熱性能をより体感いただけます。

 

~今回の体感会でわかること・できること~

①断熱性能の異なる2つの部屋の温度の違いを体感できます。

②エアコンのあたたかさとは違う、蓄熱暖房機の優しいあたたかさを感じることができます。

③地中熱活用により、冬でも冷えこまない床下温度を実際に測定し、確認できます。

④天然素材のシラス壁の質感を見て、触って確かめることができます。
 また、シラスの消臭機能による気持ちの良い空気を感じることができます。

⑤コロナ対策にも力を発揮する、24時間ダクトレス熱交換換気扇の性能や仕組み

⑥スギの無垢材を使った床の、素足に優しい柔らかな肌ざわり

⑦こだわりの無垢材でつくった造作洗面台や、桜の木の無垢材のオーダーキッチンの 使い勝手や、
天然の木の温もりを見て、触って感じることができます。
 また、家づくりについて知りたいことや 不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

  ↓1月の開催日は、カレンダーの赤丸の日になります。↓

モデルハウス見学会

 

時間:AM:10:00~11:30 PM:14:00~15:30

場所:タイガハウス・モデルハウス 住所:長野市篠ノ井塩崎6777-5

TEL:026-293-3709

 

 

♦ご予約は、ホームページ内お問合せフォーム、またはお電話にてお願い致します。

※ご予約は、土日ともに金曜日までのご予約にご協力ください。

♦新型コロナウイルス感染症への対策として、完全予約制とさせて頂きます。

午前・午後ともに1組様ずつの貸し切り対応とさせて頂きます。

♦「平日しか夫婦そろっての休みがない。」「この時間は、どうしても都合がつかない。」 などの場合は、
別途対応させて頂きます。遠慮なくご相談下さい。  

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!

2019/09/17

既存の家につながった増築住宅

増築住宅といっても、1軒の新築住宅であり、

新築してから、既存の家につなぐ予定の工事です。

 

千曲市のY様が弊社を訪ねて見えたのは

3年ほど前のまだ寒かったころ。

 

あったかい家を希望され、

「まだ先になるけど、家を改修するか、

新築するかはっきりしないが

その時はまた相談に乗って下さい」と、

お帰りになったように思います・・。

 

ご縁があってこの春から工事が着工しました。

 

増築といっても、平屋の新築になります。

 

最近平屋をご希望になる方が増えているように感じますが、

弊社だけが感ずることなのでしょうか?

 

 

 

 

 

工事は真夏までかかり、お引き渡しは8月末日となりました。

 

勿論このお宅も地中熱活用住宅です。

 

屋根が完成してしまうと、

工事中であっても真夏の日差しを 遮り、

既存住宅との温熱環境の差が

明らかに違うことが解っていただけたようでした。

 

 

工事を施工する者にとって、一番うれしい反応です。

 

真夏のお引き渡しとなったので、

多分この夏の太陽の熱が

床下に蓄熱されていると思われます。

 

地中の温度がほぼ一定に定まるまでには

普通2~3年かかるのですが、

平屋であることからも、

床下の温度が早めに

一定に落ち着くのではないかと思われます。

 

施工者も冬が待ち遠しいです。

 

住み心地を是非お聞きしたいと思っております。

 

2018/12/29

「これからは、新築ではなくリノベーションの時代なんでしょうね・・。」

10月にお引き渡しを済ませた

長野市篠ノ井のT様が久しぶりに

事務所にお出でになりました。

 

一緒に暮らしている愛犬の話

工事中のこととか、

以前見積もりをしていただいた

ハウスメーカーの〇〇工務店の方が、

訪ねて来られた話などをしてくれ

楽しい時間をすごしました。

 

〇〇工務店の若い女性スタッフさんが

夕方訪ねて来られたので、

改修した家を見ていただいたそうです。

 

今までの家より天井を高くして、

全て新築したような室内と温熱環境に、

「これからは、新築ではなく

リノベーションの時代なんですね」とおっしゃって、

地熱活用のパイプや

思い出のもった床の間などもご覧になり、

お帰りになったそうです。

 

ですが、この女性スタッフの方の

住宅に対する熱心さが伝わってきて、

さすが〇〇工務店だなと、

思ったそうです。

 

なぜかというと、

他の工務店で改修工事が済んでしまえば

もう用はない・・と思い、

そのままお帰りになってしまうのが普通です。

 

でもその方は知らない工務店で改修した家までも、

きちんとご覧になり

笑顔でお帰りになったというのです。

 

この姿勢を私たちも見習いたと思いました。

 

s18toba55975

DSCF8893

【完成見学会の様子】

 

また、事務所の床は、

スギ無塗装無垢材を使用しているのですが、

4~5年もすると結構いい色合いになってきます。

 

T様の家の床は、

新品なので同じ床材でも

まだ初々しい白い色をしています。

 

皆さん「ウチもこんな風になるのかしら・・」と、

おっしゃることなのですが、

何年かすれば少しづつ

飴色の艶だ出てきますのでご心配しないでください。

 

二匹のワンちゃんたちも

床の上でゆったりくつろいでいる様子を聞いて、

ほっとしました。

 

T様も地熱住宅での初めての冬をお迎えになったわけですが、

今年はまだ雪のない暖かな冬です。

 

それでも朝晩は冷えますが、

一台のエアコンで家中温かく暮らせ、

電気代もかからず

皆さん喜んで下さっているとのことです。

 

皆さま、本年も色々ありがとうございました。

 

新しい年も又多くの方々との出会いが

広がることを願っております。

 

皆様、よいお年をお迎えください。

 

誠に勝手ながら年末年始休業は、

30年12月29日(土)~31年1月6日(日)

とさせていただきます。

 

緊急を要する場合は、

026-293-3709

までご連絡下さい。

 

 

2017/12/26

まだ地熱活用住宅を体感していない方・その2

クリスマスが過ぎると

一気に新しい年へと飛んでいくような気がしす。

 

今、飯山での改修工事で年内は慌ただしく、

それぞれ毎日現場です。

 

私は、事務所で仕事をしているのが悪いような気がします。

 

というのも、

当社の建物は4年前に地中熱を活用して

リノベーションしてあり ここにいると、

この冬が本当に寒いのかピンと来ないのです。

 

この温熱環境を

何とか皆さんにここからお知らせできればと考えてみました。

 

丁度手元に、

温度測定器があるのでこれで事務所の中を

自撮りでお伝えしたいと思います。

 

まず初めに床下点検口を開け

床下のコンクリート温度測定、17.1℃あります。

 

DSCF8364

 

室内に循環させている床下のパイプの吹き出し口は、17・6℃です。

DSCF8363

 

点検口の蓋を閉め、無垢スギ床の温度は21・1℃

DSCF8365

DSCF8395

同じ部屋の蓄熱暖房機の近くは、22・7℃です。

 

これは暖房機の前なので高いのは当然ですよね。

 

スギ無塗装床材ですとスリッパはなくても大丈夫です。

 

階段の昇降にはスリッパが無い方が安全ですよね。  

 

次はトイレ、17・6℃

DSCF8390

 

玄関ホール、ここは19・5℃・・・玄関のタイルの温度は17・8℃です。

DSCF8371

DSCF8373

 

次に、私が毎日一番長くいる事務所の部分です。

 

ここは20・1℃。 床材は桜の無垢材なのですが、

机やイスがあるので表面塗装してあり、

その為スリッパを履かないと足に冷たく感じます。

 

DSCF8378

 

次は二階に移動します。

 

八畳の和室です、22・1℃あります。

DSCF8381

DSCF8380

 

子供部屋は十二畳ありますが、東、南、北と全面窓になっています。

 

タイルカーペットの上に布敷物、その上の温度は21・4℃。

DSCF8382

DSCF8383

子供部屋の壁の温度は22・0℃、

 

 DSCF8389

階段を上り切った天井は22・5℃。

 

冬はこのエアコンは使っておりません。

 

このエアコンは夏のために設置してあります。

 

でも、部屋の中ではなく階段の上なのです。

 

どうしてだと思いますか?

 

DSCF8393

 

最後にこの家の一番寒いところをお見せします。

 

ここは、床下に断熱材を入れてありますし

樹脂サッシ複合なのですが、

一般的な造りにしてあります。

 

ドア一枚へだててこの寒さです。

 

8・7℃。 この部屋に入った方全員が

「アッ、家と同じ!そうそうこの寒さ!」と

ニコニコしておっしゃいます。

 

居間とは14℃程の差があります。

 

一般的に暖房してある部屋から廊下に出た時の温度差ほどです。

 

なので、ここには寒い方が適している物を入れてあります。

 

君子欄は冬の寒さを知らないと、

花付きが悪くなったり春過ぎまで咲きません。

 

要注意です。こういう寒い部屋も必要ですよね。

 

DSCF8377

 

これは玄関ホール内に、

お見せするために設置した地熱循環パイプです。

 

解かりづらいですが、

塩ビの部分に上から紐が垂れています。

 

これはリボンなのですが、

今は冬なので天井の暖かい空気を床下に廻しているのです。

 

暖かい空気は床下のコンクリートに伝わっている

地中の熱をサポートして冷え切る のを防いでいます。

 

本当は、地中の熱は誰しもの家の床下に

常に存在している熱なのです。

 

それを上手に使えていないだけなのです。

 

本当にもったいないですよね。

 

今、12月26日、夕方7時5分前です。

 

気が付けば外は雪、

全く気が付きませんでした。

 

明日は雪かきが待っているのでしょうか・・・。

 

DSCF8400

言い忘れましたがこの建物は、

寒い部屋を除いて36・3坪ほどなのですが、

蓄熱暖房機1台動いているだけ、

室温は居間で23℃でした。

 

室温としてはそれほど高くはないと思いますが、

室内にある全てのものがほぼ同じ温度なので

体で感じる温度としては寒くないのです。

 

肩の力を抜いて生活できます。

 

DSCF8406

DSCF8410

 

乾燥しているなと感じたら、

室内の壁に霧吹きをします。

 

勿論加湿器を回すのが一番手っ取り早いです。  

 

今日は「地中熱活用住宅」の室内温度をお伝えしました。

 

残り少ない2017年ですが、

やり残したことはまだいっぱい残っています・・・

今年一年、多く方々にお世話になりました。

 

有難うございました。

 

みなさま、良いお年をお迎えください。

 

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん