地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME > スタッフブログ > 【ヒートショックを起こさない】家の中で足元が冷える理由と簡単な対処方法

スタッフブログBlog

2021.10.17

【ヒートショックを起こさない】家の中で足元が冷える理由と簡単な対処方法

家の中で足元が冷たい・寒い。

今回はこんなお悩みの原因と、簡単なDIY程度で出来そうな対処方法をお話します。


家の中で足元が冷える原因

家の中で足元が冷える原因は大きく二つ考えられます。

 

原因その1
建物の床下から外の冷気を床下に取り込んで、それが室内に入っている。

 

まずはこれが一番に考えられます。

多くは建物の基礎にある地窓、もしくは、ちょっと古いお宅では、

建物自体が地面から浮いているような造りの建物もあります。


この様な造りは床下を乾燥させるため(湿気によるシロアリ被害対策のため)

施された工法で、建物が浮いてる家はともかく、地窓がある家は現在でも

普通に建てられています。

 

この様な工法がダメと言う話ではなくて、

冬季に関して言えば、冷気を床下に流している事になりますので、

床からの冷え込みで足元からの体感温度を下げてしまっていると考えられます。

 

 

原因その2
建物の気密性が低い為、家中の窓やドアを閉めていても隙間から冷気が入ってくる。

特に家の外からも内からも柱や梁などの構造部材が見えている家(真壁造り)は要注意です。

 

冷気が入ってくるという事は、暖気が出て行ってしまう事と同義ですので、

いくら暖房してもなかなか部屋が温まらない、という現象になります。

 

入って来た冷気は下に落ちて行きますので、床を冷やし、足元を冷やします。

 

また、暖房していない部屋が寒すぎるのでヒートショックの原因とされています。

 

人が居る全ての部屋に暖房が必要になりますので、

冬季のエネルギー(ガス・灯油・電気)費用がグンっと

上がってしまうかもしれませんが、命には代えられません。

無理に我慢せずに暖房を点けてください。

 

簡単にできる対処方法

 

対処その1
冬の間だけでも家中の地窓を断熱材で塞ぐ。

 

ご存じの通り、建物の気密・断熱性能を上げるのは簡単ではありません。

 

DIYで可能な対抗策とするとこれくらいでしょう。

 

理想は基礎全体を断熱材で覆いたいのですが、

できなければ地窓だけでも塞いでください。


たまに「ウチの地窓は開閉式で閉められる」と仰るお宅がありますが、

地窓をただ閉めるより効果が期待できます。

 

面倒ですが、温かくなったら必ず外して、通気が取れる様に戻して下さい。

 

断熱材はメーカーの違いで色が違ったり、等級の違いなどがありますが、

とりあえず気にしなくて良いです。パネル状の物で一番安いのを買って試して下さい。
(ただし厚みだけは、あまり薄い物は作業中に割れてしまう事が有りますので

25㎜以上が良いと思います。)

 

↓こんな感じのパネル状の断熱材はホームセンターに普通に売っています。

 

素材自体は発泡スチロールのちょっと固いバージョンみたいな物なので、

カッターで切れますが、もし手元にノコギリの様な物があれば

その方が安全で簡単に切れると思います。

 

1枚1820㎜×910㎜の大きさなので、1枚買えば結構な数の

地窓を埋める事が出来るはずです。

 

ただ普通乗用車で持って帰って来るには丁度めんどくさい大きさですので、

ホームセンターでカットしてもらえるなら、長さ1/3くらいに

カットして貰うと運びやすいと思います。

 

地窓の開口を測って、地窓にキッチリハマる様に

断熱材をカットしてハメ込んでください。

 

地窓を塞いだ上で更に、室内がフローリングならカーペーットやパネル状の畳を敷く、

畳ならカーペットを敷くなどすると更に効果が上がると思います。

 

建物自体が浮いている構造の家には向かないかもしれません。

でも、「どうしても我慢出来ないから試したい!」という方は

ご相談頂ければ、アドバイス致します。

 

対処その2
建物自体の隙間はほぼ見えない
見える場所は隙間埋めテープやコーキングなどで隙間を埋める

 

根気の必要な作業ですが簡単な作業で済ますなら、結局これが一番です。

ただし、この隙間から今までは無意識に換気を行えていましたが、これが塞がると

換気不足になる場合が有りますので、ファンヒーターに「換気をしてください」と

言われる頻度が上がるかもしれません。意識的に換気を行ってください。

 

 

まとめ

・床下に冷気を入れない。

・建物自体の隙間はどうする事も出来ない部分がほとんどだが、
    目に見える場所は隙間を埋める。

 

怪我などしない様十分に注意して、この冬の間だけでも試してみて下さい。


 

 

最近の住宅の基礎はどうなってるの?という方はコチラで詳しく
一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん