地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME > スタッフブログ > 地中熱住宅の床下に暖房機は不要です。

スタッフブログBlog

2015.11.13

地中熱住宅の床下に暖房機は不要です。

1.床下に暖房機の設置は不要です。

地中熱住宅の床下に、エアコンや蓄熱暖房機を設置する必要は全く有りません。

 

これからの新築住宅は、どの御家庭でも高気密・高断熱住宅に

再生可能エネルギー設備の 設置が義務付けられた省エネ住宅になります。

 

エネルギーの消費を抑えるためには、断熱性能を上げ気密性を良くし、
隙間風を無くして、室内の暖かい空気等を逃がさない事が大切に成ります。

 

真冬に、室内でストーブ等炊いてどんなに室内を暖めても、
足元が寒いと暖かさを 感じる事は出来ません。

 

その為、エアコン等の暖房機を床下に設置し60~70度の温風を吹き出し、

床下を暖め、その 暖まった空気を内壁を通して全室暖房をしますが、

床下の狭い空間に高温の風を 吹き出しても

なかなか家全体に風は隅々までうまく回りません。

 

2.床下の高温の温風は建物に悪い影響を与えます。

 

床下に60~70℃の温風を吹き出しますと、

木材等への影響が全く無いとは限りません。

 

又、地中は14~15℃ですので しっかりした断熱をしないと、

基礎の立ち上がりや土間コンクリートが高温に成りますので

熱は寒い方に移動をし地中を暖める状態に成り、

多くの熱が地中に吸収され逃げてしまいます。

 

その為地中にかなりの熱量が吸収され

ランニングコストに影響を及ぼします。

 

床下空間を部分的に広く取りますが、

基礎の部分が深くなると言う事は 工事費用にも影響を及ぼします。

 

床下に暖房機やエアコンを設置し、暖房する場合は

基礎と土間部分の断熱材の つなぎ目部分を

どの様に施工するかが、大変重要に成ります。

 

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う タイガハウス  

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん