地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME >
2020/09/03

本日のお客様♪

ここ何日か、とっても
涼しい風が吹いていますね。

夜、網戸越しに聞こえてくる
コロコロコロ~…
リーン、リーン…などのきれいな
虫の鳴き声に耳を傾けながら、
久しぶりに、気持ちよく
ゆっくり熟睡したような気がします♪

 

大賀でも、
扇風機を回すだけで
快適に過ごすことができる時間が
徐々に長くなってきました。

私が、大賀で、
「あ~、涼しいなぁ~。」と
今、感じている涼しさは
半年前の寒い冬に大地から地中にコツコツと蓄えていた
ものだと思うと、なんだか不思議な気持ちになります・・・。

例えるなら、
きれいな星空を見ながら
「今、私が見ている星の光は
何万年も昔の星の光なんだよなー…。」
としみじみと感じている時の感覚に似ています。

そして、今
不快に思われがちな夏の熱が、
冬になって、家の中で使われて
「あ~、あったかいなぁ。」と
思える日が来るのだなと思うと
この残暑にも感謝の気持ちが沸いてきました(*^^*)


→大賀のモデルハウス兼事務所です。

 

話は変わりますが、

昨日、お掃除をしている時に
窓の外を見たら、

網戸越しに、一人の・・・
いいえ、一匹のお客様を
奥さんと一緒に発見しました!

 

昆虫について、あまり詳しくないですが
ショウリョウバッタ??
で、間違いないですかね??
まだ、小さいので赤ちゃんかな?

 

大賀のゴーヤのすだれの傍の
網戸がよっぽど気に入ったのか
ずいぶんと長い間、そこで休んでいました♪

 

私は、奥さんから聞いて初めて知ったのですが、
バッタにはスピリチュアルな役割や意味が
あるのだそうです!

 

ショウリョウバッタは漢字で書くと
「精霊飛蝗」と書き、お盆に帰ってきた
ご先祖をあの世まで送り届ける役割が
あるのだそうです。(全然知りませんでした。)

 

ほかにも、土地を守る力があるということや
大きく跳躍する予兆だとか・・・。

イギリスや中国などでは
また、それぞれ違った意味があり、
大切な存在として扱われているみたいですね(^^♪

 

とにかく、バッタがお客さんとして
訪れたということは
いいことが起きる・・・かも・・・???(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/02/17

信越線の車窓に「タイガハウス」のステッカーを見つけてください!

台風19号の被災で延び延びになっていた信越線の車窓ステッカー作成。

弊社の一押し住宅、高気密・高断熱に伝導型地中熱を取り入れた「タイガハウス」の広告

ステッカーの作成です。

広告会社からお話を頂いて、その後水害に遭いしばらく対応できなくなっていました。

何とか年内までにまとめ、1月から長野駅~軽井沢駅。長野駅~妙高高原駅までと一日1車両

、車窓にステッカーを張った電車が走って「タイガハウス」をアピールしてくれます。

最近、気候の大きな異変に不安を感じます。多分多くの方々も同じだと思います。

今回の水害もそんな自然環境の変化によるものかも知れないと思います。

災害復旧工事をするには「異常な暖冬」はとても仕事がやりやすく助かっているのですが、雪の

ない冬を本当に喜んでいていいものなのか・・また大きな災害が襲ってくるような気がして

どうしても気楽になれないのです。

何一つ保証などないのに、「絶対に災害とは無縁だ」と当たり前に思って生きてきました。

そんな自分が水害に遭ってしまいました。あれから4ヶ月も経つのに泥の中でもがいている夢しか

見ません。大きな被害に遭われた方とは被害の大きさが違うと思ってみても、被災して初めて自分

のこととしてとらえることができるのです。

ですから余計に自然環境を考え、住宅の省エネ化をお勧めしたい気持ちになってしまいます。

 

早速「今朝電車の窓にお宅のステッカーを見ました」と言われたのですが、残念なことに私は

余り電車にご縁がなく見ておりません。

ご覧になった方、いいことがあるといいですね。

「タイガハウス」のステッカー見たくらいでいいことは起こらないか(涙)

 

 

 

2019/12/07

クリーンエネルギーを取り込む「伝導型地中熱住宅」説明会開催

これからの家は家族が快適に暮らすためだけではなく、環境に対する影響も考えなければ

なりません。

古代の人びとが厳しい自然の中で生き抜くために身につけた知恵は、土の断熱性と熱を伝える性質

を利用した竪穴式住居として受け継がれてきました。

この地面の熱は、太陽からのふく射熱です。だれの家の床下にも存在する太陽の恵みです。

でもこの地面の熱を利用できるのは約半年後、夏の熱は冬に冬の冷気は夏に取り込むことがで

きるのです。

夏、太陽の燃えるような熱は地面表面から少しずつ約半年かけて地中深く蓄えられます。

冬、凍るような冷気はやはり約半年かけて地表から地面の中を冷やしていきます。

その自然の流れをうまく床下から室内に取り込んで利用できるようにしていくのが

「タイガハウス」の原点である、伝導型の地中熱です。

大きな工事は必要ありません。ただ、地面のわずかな熱を利用するため家の造りにとても気を使う

必要があります。それは何かというと、完全な外断熱工法をとることです。

基礎の外側から小屋裏まで、途切れることの無い外断熱施工です。

この季節にご自身で「タイガハウス」はどんなものなのか、じっくり体感して下さい。

勿論、新築ばかりではありません。既存の住宅にこそ活用して欲しいと思っております。

大事なわが家をもう一度、暮らしやすく自然環境を考えた家にリノベーションすることができま

す。取り壊して建て替えを考えている方一度「タイガハウス」を体感してください。

 

毎月セミナーは下記のように開催します。

 

◆ 日時・・毎月第三土曜日 AM10:00~11:30 PM14:00~15:30

会場・・タイガハウスのモデルルーム内

内容・・1)伝導型地中熱の取り込み方法

・・・・2)地中熱を活用した家づくり、外せないポイト

 

  • →メールでのお申込みはコチラから
  • お電話でのお問合せ:026-293-3709当日お越しになる予定の人数をコメント欄にご記入の上、お申込み下さい。尚、ご予約は第二(水)までにお願い致します。また、当日どうしてもご都合のつかない場合もお気軽にご相談下さい。
一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん