地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME >
2021/10/22

長野市・築40年【建て替えたくない人の断熱リノベ見学会】11月のご予約受付開始

築40年「建て替えたくない人の断熱リノベ見学会」のお知らせ

 

11月のモデルハウス見学会の日程が決まりましたので、お知らせ致します。

長野市 リノベーション

→築35年の家・断熱リノベ後のリビング(写真はイメージです。)

♦当日ご覧いただくリノベーションモデルハウスはこちらからご覧いただけます。

 

開催日 11月20日(土
時間 10:00~11:30 
13:30~15:00 
15:30~17:00 
場所 長野市篠ノ井塩崎6777-5
リノベーションモデルハウス

 

11月17日(水)までにご予約下さい。ご都合がつかない場合は、ご相談に応じます。
♦コロナ禍ですので安全を考慮し、各時間帯ともに1組様限定での対応とさせていただきます。


一週間ほど前までは異常な暑さで、今年は秋が無いように思っていたのですが、いきなり寒くなって

11月のイベントは「リノベーション見学会」のはずでしたが、「体感会」の方がピッタリくるような気がします。

昨日、お客様との打ち合わせの際、「この家あったかいですね、暖房はしているんですか?」と質問されました。

 

ここは築40年の家を断熱リノベして、現在その一部を事務所として、もう一部を接待打ち合わせの場所として使用しています。普段通りのありのままをご見学しながら体感していただけます。

 

あなたのお家の温熱環境と比較していただくには無暖房の今が分かりやすいと思われます。

 

■見学会のご予約

ご予約は下記のお問い合わせフォームまたは、お電話≪026-293-3709からお願いします。

 

お問い合わせ・資料請求は以下のメールフォームをご入力ください。
ご入力いただいた住所へ弊社より資料を送付いたします。
件名必須
参加人数
請求される資料

当社にて用意させていただいている資料です。
ご希望の資料を選択のうえ送信ください。(全資料無料)
在庫切れの可能性もございますので、その際はおって連絡させていただきますのでご容赦ください。

タイガハウスの家づくりへの想い、地中熱活用住宅の仕組み、新築やリノベーションをおこなったお客様の生の声や家づくり物語 、職人さんたちの素顔を紹介しております。
私たちの想いがたくさん詰まった一冊です。

当社代表 東方正道が現場監督35年間での体験談を、失敗しない家造りをしてもらう為にまとめた小冊子です。

「家庭内事故死」という言葉を聞いたことがありますか?新聞や雑誌の紙面上でお読みになったことはありますか?
残念なことに、ほとんどの方が「家庭内事故死」の現状を知りません。
このガイドブックでは、「家庭内事故死」の現状を説明すると共に、住宅業界の関係者として、住宅に起因する原因を想定してみました。
これから新しく家を建てる方、リフォームをお考えの方にとって、少しでも役立つ情報になるよう心から願っております。

アイヌの伝統民家「チセ」が利用していた「地中熱」を戸建住宅に応用した【外断熱の地熱住宅】が開発されるまでには、長い年月と関係者の熱狂的な努力が必要とされました。
その開発秘話を小冊子にまとめました。

「お客様といつまでもつながっていたい。」そんな想いから毎月発行している、タイガハウスのニュースレターです。
家づくりに関する情報から、山野草活用法など季節に合わせて日常役立つ情報を掲載。
「 毎月、楽しく読んでいます。」と、お客様からも好評をいただいております!
最新号はこちらから

お名前必須

※フルネームでご入力ください

郵便番号必須

※住所自動入力

都道府県必須
市区町村必須
お電話番号必須 - -

※つながりやすい番号をご入力ください。

メールアドレス必須
お問い合わせ

プライバシーポリシーをご一読の上、プライバシーポリシーに同意するボタンにチェックをお願いいたします。

プライバシーポリシーはこちら

※タイガハウスからのメールが届かない場合は、「taiga-u.com」ドメインからの受信許可設定をお願いいたします

 


長野市で高断熱の新築や断熱リノベーションをお考えなら、タイガハウスにお任せください!

2021/10/07

長野市、既存住宅の断熱リノベーションについて、お聞かせください。

◆地中熱活用の断熱リノベーションとはどういうものなのか、お話を伺いたいのですがご都合はいかがですか?

「今回、脱炭素社会に向けた事業の取り組みを紹介するにあたり、地中熱を活用した断熱リノベーションを施工している御社を知りました。ついてはご都合の良い日に取材させていただけませんか?」 と、地元新聞社の取材オファーをいただきました。

 

 

タイガハウス地熱データーの説明をする社長

 

断熱リノベの施工方法や、地熱の利用方法については2010年に新築したモデルハウスでの地下5メートルまでの温度変化データーを見ながら説明させていただきました。

 

◆断熱材は部屋側から入れるのですか?

いいえ、部屋側から断熱材は入れません。断熱材は外部の壁を剥ぎ、そのうえで外側から気密を取るための板を隙間なく張り、その上に板状の断熱材を張っていきます。その時、基礎の外側からも同じように断熱材を張り付けていきます。そのまま小屋裏天井までキッチリ断熱材で覆っていきます。このようにすることで、家は完全とは言えないまでも、それに近いかなり気密性の高い高気密・高断熱住宅になります。そして、地中に蓄えられている太陽の輻射熱を効率よく利用できるようになるのです。

 

◆壁内部に通気層を造ると木材が長持ちします。

断熱材を壁外側から張るということは、壁内部に通気層ができるということになりますので、木材が湿気で腐ることもなくカビやシロアリの被害からも家を守ることにつながります。ここまで施工すると家も命を取り戻し、この先何十年も住みつないでいくことができるようになります。

 

基礎外側に断熱材を張っていく

 

 

◆室内は一年中24時間熱交換換気システムで冬でもさわやか!

また室内は24時間熱交換換気システムにより、2時間で室内の空気を入れ替えているのでコロナ対策にも一役買っているのです。壁内部と室内の強制換気により家の中に湿気がこもることもなくなり結露の問題からも解放されます。

このように大賀の断熱リノベは、新築の場合とほぼ同じような施工になります。予算に合わせて二階部分の内部はそのままにしておいたり、将来を考え平屋にするというような減築工事の選択も可能です。

二階建て既存住宅断熱リノベ前全景 


二階部分を取り除き平屋に、断熱リノベ完成

 

断熱リノベ施工例はこちらから

 

◆日本の住宅寿命は世界一短命といわれているけれど・・。

築40年の家だから・・なんてあきらめないでください。今回の取材で家を壊してしまわなくてもよい方法があることを大勢の皆様が認識してくれたら、日本の住宅寿命は大きく伸びることになります。築40年であってもそれ以上でも、断熱リノベーションは可能です。(まれにお勧めできない場合もありますので、住宅点検させていただきます。)

定期的に開催している見学会などで実感していただくことができますので、是非ご参加してみてください。
真冬の見学会は特におすすめです。

 

長野市断熱リノベ・ 高気密・高断熱の地中熱活用住宅ならタイガハウス
資料請求はこちらから

 

 

長野市を中心に断熱リノベーションを多数手がけています。

 

2021/07/27

長野市【真夏の快適!断熱リノベーション見学会】※受付終了

8月の見学会のお知らせ ※受付終了致しました。

 

♦最新の見学会情報は、【こちらをクリック】してご確認いただけます。

 

長野市 モデルハウス見学会

■真夏のタイガハウス見学会

開催日:8月7日()・8月8日(

 時間:午前10:00~11:30

    午後14:00~15:30

 場所:長野市篠ノ井塩崎6777-5

    タイガハウス内

プレゼント:タイガの庭で採れたブルーベリーで作ったジャムを差し上げます。パンやヨーグルトのお供にどうぞ!      

 

8月4日(水)までにご予約下さい。ご都合がつかない場合は、ご相談に応じます。 

♦コロナ禍ですので、午前午後ともに各1組様ずつの貸し切りでの対応とさせて頂きます。


今回の見学会のポイント

今回の【真夏のタイガハウス見学会】では、一般的な断熱性能とタイガハウスの断熱性能を比較できる2つの部屋を、実際に体感することができます。この季節しか体感できない、真夏の断熱の重要性を体感して頂けることと思います。

断熱性能のデータや数値、もちろん重要ですが、実際リアルに自分の体で感じたことも、重要な家づくりの参考になります。


築40年の中古住宅を断熱リノベーションしたモデルハウス

「うちは、さすがに結構な年数経つから建て替えないと快適にならないよね。」お考えの方、大切な思い入れのある家を、壊すことを決断してしまう前に、一度見学会にお越し下さい。

長野市 リノベーション

大賀のモデルハウスは実際に、築40年の中古住宅を断熱リノベーションしたモデルハウスです。

体で感じる家の性能のほかにも、「こんな風に間取りを変えることができるのか。」など、リノベーションによる見た目の変化なども、じっくりとご覧ください。

 

♦タイガハウスの断熱リノベーションの実例は、以下よりご覧いただけます。

断熱リノベーション実例

 

安全に配慮し、見学会は2組様限定とさせて頂いております。ご予約はお早めにどうぞ。


見学会のご予約方法

①お電話でのご予約

 026-293-3709

 

②お問い合わせフォームからのご予約
お問い合わせフォームは、こちら!

※以下を参考に、必要事項をご記入の上、ご予約ください。
 


 

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!

2021/06/28

長野市【築40年の断熱リノベーション見学会】※受付終了

7月見学会のお知らせ※受付終了致しました。

 

♦最新の見学会情報は【こちらをクリック】てご確認いただけます。

 

開催日:7月17日(

 時間: AM10:00~11:30

     PM14:00~15:30

 場所:長野市篠ノ井塩崎6777-5 

    タイガハウス内

※コロナ禍ですので安全を考え、午前午後各1組様ずつの貸し切りでの対応とさせていただきます。

※7月15日(金)までにお申し込みください。ご都合のつかない場合は、ご相談に応じます。


 

毎日ジメジメと蒸し暑く、過ごしにくい季節がやってきました。

 

あまりにも暑いと、思わず出掛けるのをためらってしまいますよね。

 

しかし、家づくりを検討中の方にとっては、各工務店やハウスメーカーが開催している見学会に参加するには、今がもってこいの季節なのです。

 

その理由としては・・・。

 

一年の中で特に過ごしにくい季節(真冬や真夏)に見学会に行くことで、

 

「過ごしにくい季節でも、快適に過ごせる家かどうか」

 

このような家の性能を、自分の体でリアルに感じる事ができるからです。

 

ホームページや資料でデザインの写真を見たり、性能に関する文章を読んでイメージすることはできます。

 

でも、室内の空気環境・室温・壁や床に使用している素材の質感・香りなど、実際に自分の体に感じたことは、何よりも重要な家づくりの参考になります。

 

 

築40年の家を断熱リノベーションしたモデルハウス

中古住宅や、今住んでいる家をリノベーションするとどのようになるのか、中々イメージががわきずらいもの。

タイガハウスのモデルハウスは、築40年の中古住宅を「断熱リノベーション」した住宅です。

長野市 リノベーション

 

 

「リノベーションすると、こんな感じになるのだな。」

 

「間取りも、こんな風に変えられるんだ。」と、これから始まる新しい暮らしをイメージしてください。

 

ただいま、感染症予防の取り組みとして午前午後ともに貸し切りでの対応とさせて頂いている為、室内を見学し、スタッフに気軽に質問をして頂くなどしながら、ゆっくりと体感することができます。

 

2組様限定となりますので、ご予約はお早めにどうぞ。↓

 


♦ご予約方法♦

〇お電話でのご予約

 026-293-3709

 

〇メールでのお問い合わせ

 こちらのお問い合わせフォームに必要事項をご記入のうえ、お申し込みください。

 


 

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!

 

 

 

 

2021/05/25

長野市【築40年の断熱リノベーション見学会】※受付終了

6月の見学会のお知らせ ※受付終了致しました。

 

♦最新の見学会情報は【こちらをクリック】してご確認いただけます。

 

「実家をリノベーションして2世帯で住むことを考えています。」

 

「立地が気に入った中古物件があって、リノベーションして住みたいのですが・・・。」

 

このように、築30年40年、時には築50年の家をリノベーションしたいというご相談が増えてきております。

 

 

最近では、国や自治体が「長持ちする家をつくること」「中古住宅など、今ある家の有効活用」をすすめています。

 

それによりここ数年、リノベーション工事をおこなう際に活用できる、様々な補助金の制度が出てきました。

 

見学会に来られた方の、ご相談内容でダントツに多いのは、やはり「暑さと寒さをどうにかしたい。」という内容です。
寒さが特に厳しい地域ですので、寒さを辛く感じている方が特に多くいらっしゃいます。

 

既存住宅の断熱改修する際に材料費や設計費、工事費が補助対象となる、補助金制度もありますので、本気で「この家を冬暖かくて、夏涼しい家に変えたい。」とお考えの方には、補助金の活用についてもお話致します。

 

長野市 断熱リノベ―ション

Hotpal6月号 マイホームNAVI掲載中!

 

 

築40年の断熱リノベ見学会

日時:6/13(

 

   10:00~11:30

   14:00~15:30

会場:タイガハウス内
  (地中熱活用のモデルハウス)

   

安全に考慮し、午前午後ともにそれぞれ1組様ずつの貸し切りでのご対応とさせていただきます。

 

♦ご予約は、お電話またはホームページ内お問い合わせフォームより、 6/11(金)までにご予約下さい。

 

TEL:026-293-3709


お問い合わせフォームはコチラ

 

下は、「長期優良化住宅化リフォーム補助金」を活用して、中古住宅を断熱リノベーションしたお宅です。
長野市 リノベーション

<築35年の住宅を断熱リノベーション>

施工例を詳しくご覧になりたい方はコチラ

 

 

思い入れのある大切なわが家を壊してしまうその前に。

 

「夢のマイホームは、新築!」と決めてしまう、その前に。

 

 

築40年の家を断熱リノベーションしたモデルハウスを体感しにいらしてください。

 

わからない事、気になることがございましたら、お気軽にお声掛けください。

2021/05/14

断熱リノベの強い味方?!次世代省エネ建材実証支援事業

最近は、環境に配慮した家づくりをおこなうことで、工事費の一部が助成されるといった制度が多くありますね。

つい先日、大賀も登録したSDGsにも関係してきますが、家庭からのCO₂排出量を減らしていくために、国全体で住宅の省エネ化を推進しています。そのため、毎年様々な補助金事業がおこなわれています。

国の長期優良住宅化リフォーム、長野では環境配慮型住宅助成金などいくつかあります。

 

 

大賀に「今の家を快適な家にしたい。」「中古住宅を購入してリノベーションを考えています。」とご相談に来る方、それぞれに一番あった補助金を紹介し、環境にもご自身の健康にもやさしい家を建ててほしい・・。

そのような想いで、補助金制度について勉強する毎日です。

 

 

そんな中、新たな補助金の制度の公募が始まったと社長から話がありました。

それが「次世代省エネ建材の実証支援事業」です。
以前からあった事業ですが、令和3年には補助金の上限額が大幅にアップしたことが注目したいところです。

 

そもそも、次世代省エネ建材の実証支援事業ってなに??
簡単に言うと、既存住宅の省エネ化を進めていくため、「一定の性能を持つ建材を使ってリフォーム工事をする方を支援します」という内容です。
築何十年と経っている既存住宅を省エネ化するためには、断熱性能をあげることがとても大切です。そのためには、断熱材や高効
率な換気システム、断熱性能の良い窓やドアなどが必要で、一般的なリフォームと比べると金額は高額になります。
それを補ってくれるのが、「次世代省エネ建材の実証支援事業」です。

次世代省エネ建材の実証支援事業

 

大賀では、住む人の安心・安全を何よりも優先した家づくりをおこないます。
ですから、夏の暑さによる熱中症や冬のヒートショックなど家の中での事故を起こさないために、一年を通して家中の温度差を少なくし、快適な室内環境の家づくりをしています。
そのために欠かせないのが基礎から屋根小屋裏まですっぽりと断熱材で覆う「外張り断熱工法」です。

「外張り断熱工法」の家づくりに対し支援をおこなってくれる今回の事業は、とても心強い味方だと期待しております!
タイガハウスの断熱工法について詳しくはコチラをクリック

 

さっそく、中古住宅のリノベを検討されているお客様に制度の紹介をしました。
長くなってしまいましたので、お客様とのやり取りはまた次回に。

2021/03/29

【築40年の断熱リノベーション見学会】レポート

<築40年の断熱リノベーション見学会> 3/28(日)に終了致しました。

 

次回は、2週間後の4/11(日)の開催です。詳しくは、改めて告知致します。

 

今回の断熱リノベーション見学会では、午前・午後のお客様ともに、ご家族でのご参加でした。

皆さん、築40年の中古住宅を断熱リノベーションしたモデルハウスをじっくりと見学くださいました。

「築40年の家には、見えないねー。」と驚いている方も・・・。

 

 

現在はコロナ対策の一環として午前・午後ともに各1組様ずつの、貸し切りでの見学会にしております。

お客様からの様々なご質問、今住んでいる家の様子や、こんな風に暮らしたいなどご希望は様々です。

そんなご希望をお一人お一人とじっくり会話しながらお聞きできるのが、貸し切りでの見学会のいい所ですね。

 

長野市 リノベーション見学会

 

この写真は、以前タイガハウスで断熱リノベーション工事をおこなったOB様宅の、

改修前後の写真をご覧になっている様子です。

「この家の玄関は、うちと似ている造りだね。」「築年数も、同じくらいかな。」と、会話も弾みます。

築年数がご自宅と同じくらいの改修写真は、リノベーションの内容を検討をする上でも参考にしていただけると思います。

 

 

なお、今回の見学会では家づくりのことのほかにも、国からの補助金制度などにつきましてもご相談いただけます。

詳しく知りたい方は、次回の見学会にご予約下さい。

 

今回、お越しくださった皆さまありがとうございました。

 

2021/02/23

長期優良住宅化リフォームの打ち合わせ

長期優良住宅化リフォームの打ち合わせにおいでくださった長野市Y様ご夫妻。

今まで「長期優良住宅化リフォーム」見学会にはおいでいただいていたのですが、

そのまましばらく時間がたっていました。

タイガの情報誌「きまぐれ みにまむ通信」は毎月お送りしていたのでご縁だけは

つながっていたと思います。

たまたま暮れにお伺いしたとき、タイガハウス断熱リノベーションのお話になりそのまま

お邪魔して長々とお話させていただきました。

 

家を地中熱活用断熱リノベーションしたいが、4千万円もかかると聞いていたので

あきらめていたとのことです。

それを聞いて断熱リノベーションするこちらの方が驚きました。

そんなに費用が掛かるのなら、新築をお勧めしていますよ。

 

大きな誤解がどこから生じたのかわかりませんが、体感を兼ねタイガハウスに

おいでいただきました。

話し出すとお互い共感しあうところが多く、話が弾みすぎます。

すっかり夕暮れて気が付けば4時間もお引止めしてしまっており申し訳無いようでした。

 

 

4月からの長期優良住宅化リフォーム補助金の下調べをして、

上手に活用していきたいと思っております。

過去に地中熱活用断熱リノベーションした方々は補助金もありませんでした。

それでも皆さん家について真面目に深く考えて、地中熱活用断熱リノベーションを

行っていたのです。

その頃は「地中熱活用断熱改修」と言っていたのですが、

今は「長期優良住宅化リフォーム」といい、何軒も申請して、200万円~250万円の

補助金を皆さん受けておられます。

【長期優良住宅化リフォーム見学会より】

 

 

これからY様のご希望を叶えるべく、設計に入ります。

もちろん、地中熱を活用して「一年中暮らしやすい我が家」の断熱リノベーションを致します。

間取りもできる範囲内でできるだけご希望をかなえていくつもりです。

 

 


長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えならタイガハウスにお任せください

2020/10/21

大賀が目指すエコリフォーム(断熱リノベーション)とは

私達が指す「エコリフォーム」とは、 サッシを二重にする。 単板ガラスをペアガラスにする。 といった、簡単な工事の事ではありません。 地中熱住宅を造る事で培った技術を生かし 既存の住宅を極力残しながら、その建物を高気密・高断熱化する事によって 家中温度差の無い快適空間にする事で 生活のランニングコスト(光熱費)を減らせる住宅にして頂くのが目的です。 基本的には築何十年と経つ住宅をリフォームする訳ですから、 当然、それに伴い耐震の問題もクリアしなければなりません。 それぞれのお宅の状況によっては、 出来る工事、出来ない工事と出てくる事もあります。 今までの様に安易になんでもかんでも 古いモノは壊してしまい、壊しては建て替える、の繰り返しで これからは良いのでしょうか? 思い出の沢山詰まった家を そう易々と壊して欲しくないという方もおられるでしょう。 そんな方々の為にもこの様な施工方法のエコリフォーム (断熱リノベーション)が 広まれば良いなと思っています。 《思い出が刻まれた間柱も階段の親柱に変身!》   《右と左の2棟の既存住宅を繋ぎ合わせ、高気密・高断熱住宅にリノベーション中》 ↓ 《不要部分を切り取り2棟がつながり、外断熱の高気密・高断熱住宅の完成です》    

2019/01/31

二世帯を緩やかに分ける平屋へ リノベーション 長野市Y様邸

2019.02竣工

■「長期優良住宅化リフォーム」でリノベーションした長野市Y様邸

長野市 リノベーション

ご高齢になる(というには少し早い気もしますが)ご両親との同居をどうするか悩んでおられ、ご相談を受け、無料の住宅診断サービスをご利用頂き、お邪魔したのが最初だったと思います。

 

一緒に住んだ方が安心なんだけど、一緒に住むにはどうすれば…」

別々に生活されていた娘さんご夫婦は

市内の分譲マンションに住んでおられ、

そちらで一緒に住むお考えも少し有った様ですが、それをするには手狭。

「じゃあ両親が住む家に一緒に住むか」となると、このままというには間取り的に厳しい…。

 

「まずは、現状の家の状態を専門家に見て貰って教えてほしい」といった感じの依頼からだったと思います。

住宅診断の結果は築45年の家に相応しく、

多少の劣化・損傷有りましたが、

急いで直さないと危ない様な劣化は無かったと

ご報告させて頂いたと記憶してます。

長野市 リノベーション

 

それからはしばらく時間が空いて、恐らく家族会議を何度も重ねられてたのでしょう。

その後ご連絡頂いて、リノベーションの計画に入って行きました。

基本的な希望・要望などは娘さんからのヒアリングで計画を進めて行きました。

 

プランニングする上で意識した部分は、

これから徐々に足腰が弱くなって行くであろうご両親を考えて、

●目的の場所にスムーズに行ける事、

●且つ、共有型の2世帯住宅とする為、

●移動・家事・お客さん、それぞれの動線が極力交わらない様、廻れる動線を意識しました。

 

それから、2世帯を緩やかに分離させる事。

長野市 リノベーション
【リビングつづきの和室】

 

2階建ての2階部分を撤去し、

平屋建てにする計画でもありましたので、

残された1階部分のみでの分離。

 

ご両親が増改築を何度かされていましたので、

幸い1階部分だけでも1世帯なら十分な面積が有りましたが、2世帯とするには割とギリギリの広さ。

 

とはいえ、折角同居されるのであれば

良好な関係を維持して頂きたい。

 

ガチガチに壁で仕切るのでは無く、

大きな開口の建具で仕切り、

開けたり閉めたりで使い分けられる。

 

家族が集まる時は建具を開けて

大きな1部屋みたいに使える。

 

冷暖房も極力少ないエネルギーで家全体を涼・暖させる。

そんなところ目指しました。

長野市 リノベーション

【ワークスペースのデスクとして生まれ変わった、お施主様のお母さまが大切に使われていた裁縫板】

 

工事期間は約5ヶ月間でした。

 

乗り込み時期での職人さんの段取りが付かず、

予定より1ヶ月ほど遅れた工事開始となってしまい、お施主様には大変ご迷惑お掛けしてしまいました。

 

本当に申し訳有りませんでした。

 

また、近隣の方々にはご迷惑をお掛けしたにも関わらず、ご厚意で駐車場を提供して頂いたり多大なご協力を頂き進めさせて頂いた工事となりました。

ご近所の皆様、本当に有難う御座いました。  

長野市 リノベーション

長野市 リノベーション

 

仕様と主な仕上げ材
床面積 1F 121.7㎡(36.82坪)
外壁

高千穂そとん壁
(一部腰板・無垢松)

内壁 クロス
杉無塗装材
玄関床 磁器質タイル300角
水切り・桶 屋根・水切・桶
ガルバリウム鋼板

 

受給補助事業
長期優良住宅化リフォーム 2,500,000円

 

 

 

♦リノベーション事例一覧はこちら

 

クリックで、写真を拡大できます↓

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん