地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME >
2021/02/25

バーチャル見学会開催中!

地中熱と太陽光の家 タイガハウス

新型コロナウイルス感染症予防の対策の一環として
モデルハウスのバーチャル見学会ができるようになりました。

築40年の家を、地中熱を活用した住宅へと
断熱リノベーションしたモデルハウスです。

 

イベント情報のページから、ご覧いただくことも可能ですが、
下のオレンジのテキスト部分をクリックすると、
360°カメラによって撮影されたモデルハウスの内観をご覧いただけます。

 

<バーチャル見学会は、こちらからどうぞ>

 

 

なお、バーチャル見学会と合わせまして、
モデルハウスでは、実際に室内環境を体感して頂ける体感会も随時開催しておりますので
興味のある方は、お気軽にお問合せください。

2021/02/06

長野市【地中熱住宅体感会】※受付終了

先日、体感会にお越しくださった皆さま、
ありがとうございました。
私たちにとって、直接お客様のお声を聞ける
貴重なお時間となりました。

前回の体感会の様子は、また改めてスタッフブログにてご紹介させて頂きます。

ほっとパル 広告

2/13(土)・2/14(日)体感会開催のお知らせ↓


日時
●2/13(土)
10:00~11:30 / 14:00~15:30

●2/14(日)
10:00~11:30 / 14:00~15:30

 

場所
長野市篠ノ井塩崎6777-5 
タイガハウスモデルルーム内
※お申込み後、詳しい場所の地図をメールまたは郵送させて頂きます。

 

TEL
026-293-3709


♦お電話または、ホームページお問合せフォームよりご予約下さい。
♦タイガハウスで実施している感染予防対策はこちらからご覧いただけます。
♦お日にちお時間など、ご都合のつかない方はご遠慮なくお申し付けください。
♦皆様の安全のため、午前午後ともに1組様ずつの貸し切りでのご案内とさせて頂きます。
♦ご予約は土日ともに金曜日までのご予約となります。

 

~体感会でわかること・できること~
・外断熱の地中熱活用住宅と、一般的な工法でつくられた住宅の断熱性能の違いを実感下さい。
(実際に違いを体感できるお部屋をご案内させて頂きます。)
・100%天然素材のシラス壁の質感や、消臭効果・空気清浄効果による室内の空気感を
あなたの家と比べて下さい。
・スギ無垢材を使った床の、足裏に感じる柔らかな質感や木の温もりを感じて下さい。
・無暖房の二階子供部屋と和室の居心地、押入の中の布団の状態をお確かめ下さい。
・好きな無垢材使用で流行りすたりのない洗面台、そしてサクラ材のオーダーキッチン。
・IHクッキングヒーターではない、スーパーラジエントヒーターとはどんなもの?
(遠赤外線で沸かしたお茶をお楽しみください。)
・地熱活用住宅ならではの、床下の温度は今何度だと思いますか?
  温度測定器でお好きな場所の温度を測ってみて下さい。

 

 

 

 

見ただけではわからない色々なことを1組さま限定でご体感ください。
ここには家のデザインでもなく、最新の機器類でも得られない新しい発見があります。
地中熱住宅は決して難しい建物でも高額なシステムでもありません。

 

皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。


長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください。

2021/01/15

開けっ放しのドア

子どもの頃、冬にリビングのドアをしっかりと閉めないと、

母から「あっ!また開けっぱなし!」と、よく注意されたものです。

 

ところが、この寒い季節に大賀のモデルハウス兼事務所の室内のドアというドアは、

1階も2階もすべて開け放たれています!

実家の母が見たら、きっと黙っていないことでしょう・・・。

 

地中熱システム地中熱システム  

 

しかし、すべてのドアを開けていても、どの部屋でも不思議と寒さは感じません。

1階では、1台の蓄熱暖房機が21℃の設定でついていますが、

2階は暖房器具を1つも使わずとも、常に20℃前後に保たれています。

 

地中熱活用システム

2階の温度は常に、20℃前後に保たれている。

 

家中の部屋の温度が20℃前後あると、真冬でもモコモコに着込む必要がないので

厚着が嫌いな私は、春先とあまり変わらない服装で快適に仕事をしております。

地中熱システムのファンにより、家中の空気が、床下から壁の中・天井裏まで、

ずっと循環し続ける為、各部屋の温度差がほとんどなくなります。

 

そして、蓄熱暖房機からじわじわと放出させた温かい空気が家の外に

逃げていかないので 家中のドアがすべて開きっぱなしでも、

どの部屋も寒くないのですね。  

タイガハウスの家で、毎日を過ごしているとドアを閉めて歩く習慣がなくなるので、

久々に実家に帰った時に、母から「あ!開けっぱなし!」とまた叱られてしまいそうです・・・。

2020/12/22

長野市【断熱リノベーション真冬の体感会】※受付終了

2021年1月の<断熱リノベーション 真冬の体感会>を開催中です!

※イベントは終了致しました。

最新のイベント情報は、こちらから!

長野市 断熱リノベーション

特別寒いこの季節だからこそ、「タイガハウス」の高断熱性能をより体感いただけます。

 

~今回の体感会でわかること・できること~

①断熱性能の異なる2つの部屋の温度の違いを体感できます。

②エアコンのあたたかさとは違う、蓄熱暖房機の優しいあたたかさを感じることができます。

③地中熱活用により、冬でも冷えこまない床下温度を実際に測定し、確認できます。

④天然素材のシラス壁の質感を見て、触って確かめることができます。
 また、シラスの消臭機能による気持ちの良い空気を感じることができます。

⑤コロナ対策にも力を発揮する、24時間ダクトレス熱交換換気扇の性能や仕組み

⑥スギの無垢材を使った床の、素足に優しい柔らかな肌ざわり

⑦こだわりの無垢材でつくった造作洗面台や、桜の木の無垢材のオーダーキッチンの 使い勝手や、
天然の木の温もりを見て、触って感じることができます。
 また、家づくりについて知りたいことや 不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

  ↓1月の開催日は、カレンダーの赤丸の日になります。↓

モデルハウス見学会

 

時間:AM:10:00~11:30 PM:14:00~15:30

場所:タイガハウス・モデルハウス 住所:長野市篠ノ井塩崎6777-5

TEL:026-293-3709

 

 

♦ご予約は、ホームページ内お問合せフォーム、またはお電話にてお願い致します。

※ご予約は、土日ともに金曜日までのご予約にご協力ください。

♦新型コロナウイルス感染症への対策として、完全予約制とさせて頂きます。

午前・午後ともに1組様ずつの貸し切り対応とさせて頂きます。

♦「平日しか夫婦そろっての休みがない。」「この時間は、どうしても都合がつかない。」 などの場合は、
別途対応させて頂きます。遠慮なくご相談下さい。  

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!

2020/11/21

長野市 地中熱の家・体感会&家づくり相談会

※イベントは終了致しました。
 最新のイベントはこちらからご覧いただけます(クリック!)

 

 

2020年、最後となる <地中熱の家・体感会&家づくり相談会>開催致します!
最近は、12月らしい寒さになってきましたね。 朝晩の冷え込みが、身に応えます。
今回の<地中熱の家・体感会&家づくり相談会>は、 そんな寒い時期にこそ、来て頂いた皆様に <地中熱を活用した家の魅力>を直接体で感じて頂きたい・・・。 そのような思いで開催しております。

 

また、大賀モデルハウスは築40年の家をフルリノベーションした家です。 ・長年過ごした思い入れのある家を、取り壊したくない ・家の雰囲気はあまり変更せず、この寒さをどうにかしたい! などお考えの方も、是非お気軽にご相談にいらしてください。

※新型コロナウイルス感染症予防の為の、 下記の対策を徹底して、皆様をお待ちしております。
①午前午後ともに、貸し切りでのご対応をさせて頂きます。
②スタッフは、手洗い・マスク着用を徹底しております。
③24時間換気システムでの室内換気をしています。
④物品や家具のアルコール消毒をこまめに行います。

 

地中熱の家 体感会&家づくり相談会

 

開催日程は、下記の通りとなっております。
お申し込みは、前日までにお電話またはメールにてお申込みください。

  日時:12/19(土)・12/20(日) AM10:00~11:30・PM14:00~15:30
 住所:長野市篠ノ井塩崎6777-5
 TEL:026-293-3709 皆様のご来場を心よりお待ちしております。


長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!

2020/10/02

地元、白馬村の地価が上昇中!

「白馬村の地価が上昇してるのね。ニュースで見たよ。」と 奥さんから、聞きました。 自分が育った場所のことは、やはり気になるものです。 早速、「白馬村 地価 上昇」で検索してみました🔎   台風などの被害もあり、長野県内の地価が大きく下落している一方、 白馬村の、とある地区では、地価が去年と比べ30.3%と、 沖縄や北海道についで4番目に高い上昇率となっているという 記事でした。 主に、外国の方の投資目的での需要が増えているということです。   「なかなか自由に行き来できないご時世なのになぜ??」 とも思いましたが、新型コロナウイルスの終息後のことを見据えての 投資ということで、新しくペンションなどを建てているようです。 また、東京などの人口密集地の密集を避ける目的の日本人からの 別荘の需要などが増えていることも、地価の上昇には影響があるようです。     軽井沢が新型コロナの影響で、人気が高まっていることは、 何となく知っていましたが、自分の地元も新型コロナにより このような動きが出ていたのだな・・・と驚きました。   新しくペンションを建てていると記事には書いてありましたが、 白馬村にも、空き家があります。(村内を見渡した限り結構な軒数ありそうな気が・・・) 今ある建物をリノベーションやリフォームをするなどして、 上手に有効活用して欲しいなとも思ってしまいます。(*_*)   簡単なことではないかもしれませんが 過疎化が進んでいた地方が、 今回の流れで、少しづつ人口が増えて 以前のような活気を取り戻すような・・・。 そんな良い方向に、 進んでいってくれると嬉しいなと思います(*^^*)   さて!余談はさておき・・・   昨日は、改修工事中(リノベーション工事中)の K様宅にお邪魔致しました。   昨日は、電気屋さんによりエアコンの設置などの 設備関係の工事がおこなわれていました。 (今日もお疲れ様です!) 長野市 リノベーション長野市 リノベーション 長野市 リノベーション長野市 リノベーション    生活に必要な、設備が次々と設置されていきます。 お施主様へのお引渡しの日が近づいています(*^^*) 明日は、いよいよ仕上げのお掃除の日です! みんなで頑張るぞ~~~(^^)/     近いうちに、また様子をお伝えさせて頂きますね♪ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

2020/09/28

内装工事レポート(*^^*)

皆さん、週初めのお仕事お疲れ様でした! とうとう、 朝晩は、とても冷え込むようになってきましたね。 ようやく、秋が来たなという感じです。 私の実家(白馬村)の田んぼの稲穂も 実ってきたよと祖母からLINEで 写真が送られてきました(*^^*) 美味しい新米を食べるのが待ち遠しいです♪

秋の訪れ

実った稲穂

今日も、引き続き 改修工事(リノベーション工事)中のK様宅へ行ってきました(*^^*)   月曜日から壁にクロスを貼るということを 金曜日に内装屋さんから教えて頂いていたので、 カメラを片手に、現場の休けい時間が終わった頃に お邪魔させて頂きました。   金曜日にお邪魔したときは、 月曜日からクロスを貼るための 作業をおこなっていました。 石膏ボードやベニヤの上に、クロスを貼っていくのは 素人の私でも何となく知ってはいたのですが クロスを貼るまでには、色んな工程が間に あると知りました!

長野市 リフォーム ファイバーテープ

継ぎ目にファーバーテープを貼っていく。

何やらベニヤ板や石膏ボードの継ぎ目に メッシュ状のテープが隙間なく貼ってあります! 「これはなんだ?!」と思い、 先輩方に聞いてみると、 パテでベニヤや石膏ボードの隙間を埋め、 地震などの影響で動いたときにつなぎ目部分に 空気が入って、クロスが浮くのを防ぐのだそうです。 このメッシュテープは、そのパテを補強するためのテープ ということでした(*^^*)

長野市 リフォーム パテ埋め

ファーバーテープが隠れるようにパテを縫っていく


長野市 リフォーム 内装工事

仕上げのパテを塗る職人さん

  「作業の様子を撮影してもいいですか?」とお聞きすると 「ちょっと緊張するなー(^_^)」と、 少し、躊躇しながらもOKしてくれました! (ありがとうございます) そして、本日は いくつかの部屋にすでにクロスが 貼られていました!

長野市 リフォーム 内装工事

クロスを貼り終わったお部屋


長野市 リフォーム リノベーション 内装工事

クロスを貼る前の下処理が終わったお部屋

クロスが貼られると、一気に お部屋らしくなりますね♪   また、お引渡しまでの 現場の様子を細目に お伝えしていけたらと思います(^^♪   長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス  

2017/11/06

飯山市で改修工事

今回の改修工事もやはり規模は大きいです。

 

来春からの断熱改修工事の打ち合わせや、

その他の見積りなどで気ぜわしく

バタバタと落ち着かない上、

日も短くなり一週間があっという間に過ぎてしまいます。

 

雪が降る前に工事を完了させなくてはならないので、

この冬の雪の状態を気にしながら

できるだけスムーズに段取りをつけたいと思っているのですが・・・。

 

DSC_0001

 DSC_0006

DSCF8249

 DSC_0041

これだけの大規模改修工事ですと、

住みながらの工事は大変ですので、

お施主様には ご不便をお掛けしますが、

仮住まいをしていただいております。

 

お隣の家との間隔がわずかに離れて建っている状態なので、

外壁の工事も含め 悩めるところであるし、

腕の見せ所でもあります。

 

DSCF8236

DSCF8235

2015/08/31

省エネリフォーム長野市K邸・外部塗装

Kさんのお宅の外部の塗装工事が終わりました。

今回のKさんのお宅は、外部の垂木〝あらわし″を残す事が工事の裏テーマだったりしたことも有って

塗装屋さんの工事内容がいつもよりも濃い目。

全ての垂木1本づつの塗装はもちろん、垂木の小口の部分の塗装、軒天部分、

桁・柱などの洗いからの再塗装等々…。

垂木1本づつ磨いて塗る。

DSC_0015 DSC_0003 DSC_0010

しかしまぁ何というか、塗装屋さん凄いの一言に尽きます。

ちょっと引きの写真ですが、陽に焼けた柱を洗って磨いたのが右の写真。

DSC_0017 DSC_0008

仕上がり。

DSC_0021 DSC_0002 DSC_0001

垂木の小口の白色もイキイキとした色に(笑)

この後、板金屋さんに軒樋付けて貰って、外部は一段落といった感じ。

大工さんの中の仕事が落ち着いてから、左官塗りとなって行きます。

2015/08/13

リフォームリノベーションは建替えよりお得です。

家の建替えかリフォームリノべーションで検討中の方その6

 

建築に携わっている私達が感じますに、行政(国)の流れを見ますと

既存住宅の質の向上と、約800万個の空き家対策が課題と成っています。

 

そして、以前の様な創っては壊す時代から、

質の良い家きちんとを創り手を入れ、長く大切に使う時代に変わってきております。

 

多世代利用型超長期住宅」に 変わり何世代にもわたり住み続けられる家づくりを進めています。

 

それにより環境負荷の軽減資産の向上深刻な廃棄物問題等 が解決され

豊かな社会環境が形成されます。

 

この様な建物は新築住宅に限らず、既存住宅でも改修により、 ほぼ同程度にまで回復させる事も出来ます

 

きちんとした躯体性能満たし耐久性の向上や良好な住環境

その後の維持管理を継続的にする事で「多世代利用型超長期住宅」 として認めら資産価値が向上します。

 

今までいろいろお話をしてきましたが、最終的にどうするかは

 そこに今まで住んでいた方の気持ち次第で変わりますし

今後その家(土地)に誰がどの様に住むかによっても変わって来ます。

 

築30年だからとか築40年とかではなく、

施工法によってまだまだ使えます 資産価値0円の建物が

又、何百万円にもなりますので、今有る建物 を大切にし、

これからも長く使い続ける事は大切なことです。

 

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使った省エネ改修等も行う タイガハウス

2015/08/11

住宅の性能向と長寿命化の為のリフォーム補助金制度

家の建替えかリフォームリノベーションで検討中の方リフォーム補助金に付いてその5

 

建替えかリフォームかの動機のトップは、

やはり家や設備機器老朽化がトップで、

次に生活の質の向上だそうです。

 

その為、キッチンバス最新式の物に交換をし、

居間やキッチンを 含めて間取りの変更も同時に行う、

というニーズが多くなってきておるようです。

 

そして、せっかくリフォームするので有れば、

単なる修繕や維持管理 だけで無く、

デザイン性向上や、

魅力的な住空間生まれ変わる事 に期待をしています。

 

しかし、国の政策として重視していた

耐震補強」や「バリアフリー工事」 「省エネ工事」等

とは少しずれが有る事が分かりました。

 

そこで、

平成26年度に「長期優良住宅化リフォーム推進事業」が

閣議決定され 今まで新築住宅の認定基準は有りましたが、

既存住宅の増改築の認定基準 が無い為

新たに認定基準を作りました。

 

そして、住宅の性能向上のためのリフォーム及び、

適切なメンテナスによる住宅の 長寿命化を図る

優良な取り組みに対し、

国が費用の一部について支援する事 で、

既存住宅の質の向上及び流通促進に向けた、

市場環境の整備を行う事 に成りました。

 

これにより、

「現況検査チェックシート」による

インスぺクションをする事で

リフォーム前の住宅の劣化状況の調査をし、

そこで指摘受けた箇所の

修理工事の内容により

S基準とA基準に分かれます。

 

 ・S基準では新築の長期優良住宅と概ね同程度の水準

 ・A基準はS基準まで満たないが一定の性能向上が見込まれる水準

 

この様な工事をし

リフォーム履歴作成費用、維持保全計画書作成費用等に 要する

費用の1/3の補助率で補助限度額

S基準200万円 

A基準では100万円

受ける事が出来ます。

 

詳しくはお問い合わせください。

 

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使った省エネ改修等も行う タイガハウス

2015/08/09

リフォーム(大規模改修)・建替えどちらがお得その3

家の建替えかリフォーム(大規模改修)で検討中の方

在来木造住宅にお住まいで、

家の建替え考え始めた人の多くは、

「我が家は築30年もたつから、建て替えなくてはいけない。」

最初から決めつけて

「改修して住みやすくしよう」

という考えを 持たずにいる方が非常多いのです。

 

私達工務店やハウスメーカーの方も、

最初からその様な 考えで訪れた方には、

断熱改修やエコリフォーム等の

改修工事はおすすめしません。

 

それはなぜか

もちろん建て替えさせて頂いた方が、

金額も のしますし、

解体して新しく作った方が

仕事も楽です、

あまり 経験が無くても出来ますから。

 

先日もお客様に、

築45年の家ですが本当に断熱改修等 出来るか、

一度見て頂けますか?」と言われました。

 

最近このようなお話をうけることがございます。

 

本来在来木造住宅の場合、

築年数にはあまり関係なく

何年経過しても、

基本的には

増改築や最近盛んに言われる

高断熱・高気密住宅に

断熱改修することは可能です。

 

一般的には

築年数が約75年以上経過した家の改修を、

「古民家再生」と言われますが、

それ以後の建物が改修工事 と言われます。

 

改修工事とは、

建築基準法では

大規模の修繕工事

と言い 建築物の主要構造部

(壁・柱・梁・屋根・階段)の

一部以上に ついてほぼ同じ材料を用いて、

同じ形状、同じ寸法で作り替え

性能や品質を向上させる

工事を言いますが、

異なる仕様でつくり替える場合は

大規模の模様替え

と 言われています。

 

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使った省エネ改修等も行う タイガハウス

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん