地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リノベ・断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME >
2020/10/06

長野市リノベーション工事・お引渡しまであと少し(*^^*)

長野市にて、

改修工事(リノベーション工事)中のK様宅、

お引渡しまで、あと少しです。  

 

土曜日に、床養生を取り払い、

その後、掃除機をかけたり雑巾がけを おこなうなど、

仕上げのお掃除をしました。  

 

自分の家のお掃除は、

掃除機やモップなどで 簡単に済ませてしまいますが、

ぞうきん掛けは、力を入れて 床を磨くことができるので、

より汚れが落ちてきれいになり、 気持ちがいいですね。  

 

K様宅のリノベーション工事(改修工事)、

広々とした、明るいお部屋に生まれ変わりました。

 

  南側にあった部屋の壁を取り払い、

現在のリビングと1つの空間になっていくまでの様子を、

ご紹介させて頂きます。  

 

長野市 リノベーション工事(改修工事)

間仕切りを撤去中

 

長野市 リノベーション工事(改修工事)

改修後・南側から見たリビング

 

部屋の奥まで、 視界が抜けるようになり、

広々として感じます。      

 

南側には、掃き出し窓が取り付けられ、

窓からは、ご自宅のブドウ畑の緑が 目に飛び込んできます。

 

長野市 リノベーション工事(改修工事)

窓から見えるブドウ畑

 

以前と比べ、 窓の数が増えたり、

大きな窓が取り付けられたり したことでお部屋全体が、

とても明るくなりました。  

 

今回、K様宅にて最初の解体から最後のお掃除まで

時々お手伝いさせて頂いたりしながら

リノベーション工事の一連の工程を初めて 見学させて頂き、

とても貴重な経験をさせて頂きました。  

 

K様ご家族の皆様、

現場で私からの急な質問に丁寧に対応してくださった 職人さん方、

本当にありがとうございました!

 

 

2020/10/02

地元、白馬村の地価が上昇中!

「白馬村の地価が上昇してるのね。ニュースで見たよ。」と 奥さんから、聞きました。 自分が育った場所のことは、やはり気になるものです。 早速、「白馬村 地価 上昇」で検索してみました🔎   台風などの被害もあり、長野県内の地価が大きく下落している一方、 白馬村の、とある地区では、地価が去年と比べ30.3%と、 沖縄や北海道についで4番目に高い上昇率となっているという 記事でした。 主に、外国の方の投資目的での需要が増えているということです。   「なかなか自由に行き来できないご時世なのになぜ??」 とも思いましたが、新型コロナウイルスの終息後のことを見据えての 投資ということで、新しくペンションなどを建てているようです。 また、東京などの人口密集地の密集を避ける目的の日本人からの 別荘の需要などが増えていることも、地価の上昇には影響があるようです。     軽井沢が新型コロナの影響で、人気が高まっていることは、 何となく知っていましたが、自分の地元も新型コロナにより このような動きが出ていたのだな・・・と驚きました。   新しくペンションを建てていると記事には書いてありましたが、 白馬村にも、空き家があります。(村内を見渡した限り結構な軒数ありそうな気が・・・) 今ある建物をリノベーションやリフォームをするなどして、 上手に有効活用して欲しいなとも思ってしまいます。(*_*)   簡単なことではないかもしれませんが 過疎化が進んでいた地方が、 今回の流れで、少しづつ人口が増えて 以前のような活気を取り戻すような・・・。 そんな良い方向に、 進んでいってくれると嬉しいなと思います(*^^*)   さて!余談はさておき・・・   昨日は、改修工事中(リノベーション工事中)の K様宅にお邪魔致しました。   昨日は、電気屋さんによりエアコンの設置などの 設備関係の工事がおこなわれていました。 (今日もお疲れ様です!) 長野市 リノベーション長野市 リノベーション 長野市 リノベーション長野市 リノベーション    生活に必要な、設備が次々と設置されていきます。 お施主様へのお引渡しの日が近づいています(*^^*) 明日は、いよいよ仕上げのお掃除の日です! みんなで頑張るぞ~~~(^^)/     近いうちに、また様子をお伝えさせて頂きますね♪ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

2020/09/29

内装工事レポート(昨日の続き)

昨日お邪魔した K様宅の改修工事(リノベーション工事)の 内装工事レポートのつづきです!

長野市 リノベーション 内装工事

クロスを貼る前のお部屋の様子


長野市 リノベーション 内装工事

クロスを貼り終わったお部屋

  クロスを貼る段階までくると とても、お部屋らしくなりますね(*^^*)   全体を撮った写真だと、わかりづらいですが 壁紙の柄が、可愛らしい柄でした♪

長野市 リノベーション 内装工事

クローバー柄の壁紙☘

お客様のお孫さんのお部屋になるということで 可愛らしい壁紙にしたということでした🍀🍀   お孫さんは、現場で行き会うと ちょっと恥ずかしそうに「こんにちは!」 と挨拶をしてくれます。 (元気がでますね。ありがとう(*^^*))    

長野市 リフォーム 内装工事

クロスを貼る前

 

長野市 リノベーション 内装工事

クロスを貼った後

 

長野市 リノベーション 内装工事

クロスを貼り終わったキッチン入口

  写真が多めになってしまいましたが、 改修工事の一連の流れを見るのが初めての 私は、「こんな風に家が出来上がっていくのか!」 と、毎回現場に行くたびに、感動します(^^)   また、近々、現場にお邪魔させて頂きます(。-_-。)   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス      

2020/09/28

内装工事レポート(*^^*)

皆さん、週初めのお仕事お疲れ様でした! とうとう、 朝晩は、とても冷え込むようになってきましたね。 ようやく、秋が来たなという感じです。 私の実家(白馬村)の田んぼの稲穂も 実ってきたよと祖母からLINEで 写真が送られてきました(*^^*) 美味しい新米を食べるのが待ち遠しいです♪

秋の訪れ

実った稲穂

今日も、引き続き 改修工事(リノベーション工事)中のK様宅へ行ってきました(*^^*)   月曜日から壁にクロスを貼るということを 金曜日に内装屋さんから教えて頂いていたので、 カメラを片手に、現場の休けい時間が終わった頃に お邪魔させて頂きました。   金曜日にお邪魔したときは、 月曜日からクロスを貼るための 作業をおこなっていました。 石膏ボードやベニヤの上に、クロスを貼っていくのは 素人の私でも何となく知ってはいたのですが クロスを貼るまでには、色んな工程が間に あると知りました!

長野市 リフォーム ファイバーテープ

継ぎ目にファーバーテープを貼っていく。

何やらベニヤ板や石膏ボードの継ぎ目に メッシュ状のテープが隙間なく貼ってあります! 「これはなんだ?!」と思い、 先輩方に聞いてみると、 パテでベニヤや石膏ボードの隙間を埋め、 地震などの影響で動いたときにつなぎ目部分に 空気が入って、クロスが浮くのを防ぐのだそうです。 このメッシュテープは、そのパテを補強するためのテープ ということでした(*^^*)

長野市 リフォーム パテ埋め

ファーバーテープが隠れるようにパテを縫っていく


長野市 リフォーム 内装工事

仕上げのパテを塗る職人さん

  「作業の様子を撮影してもいいですか?」とお聞きすると 「ちょっと緊張するなー(^_^)」と、 少し、躊躇しながらもOKしてくれました! (ありがとうございます) そして、本日は いくつかの部屋にすでにクロスが 貼られていました!

長野市 リフォーム 内装工事

クロスを貼り終わったお部屋


長野市 リフォーム リノベーション 内装工事

クロスを貼る前の下処理が終わったお部屋

クロスが貼られると、一気に お部屋らしくなりますね♪   また、お引渡しまでの 現場の様子を細目に お伝えしていけたらと思います(^^♪   長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス  

2020/09/25

今日もお疲れ様です!

最近は、日が暮れるのが早くなりましたね。  

夕方、仕事が終わって帰る頃には、

もうだいぶ暗くなっています・・・。

 

何だかちょっぴり、

寂しい気持ちになります(‘_’) そんな中、

大賀の看板は、いつも明るく 照らされています。

 

長野市 篠ノ井 工務店

夕方 大賀事務所 看板

 

昨日、改修工事中のK様宅にて

内装屋さんと塗装屋さんが作業を しているということで、

現場に 行ってきました!    

「お疲れ様です!」と挨拶後、

内装屋さんや塗装屋さんが

作業している様子を見学させて頂きました。  

 

「写真、撮っても良いですか??」と 聞いてみると、

快く「かまわないよー。」と

承諾してくれました。

 

(ありがとうございます。)

 

長野市 リノベーション

快く写真撮影に応じてくれた作業中の塗装屋さん

 

長野市 リフォーム 

丁寧に、丁寧に細かいところまで塗っていきます。梯子に上って、刷毛で 半透明の液体を丁寧に塗っていきます。 「今は、どんな作業をしているのですか?」 と質問すると、柱や梁などに ニスを塗っているところだと教えてくれました。   柱や梁、桁などに使われているのは、 「構造用集成材」というものであり、 この集成材に、ニスを塗ることで 木材の表面をほこりなど、様々な汚れから 守ったり、湿気を防ぐなどの効果が あるということです!   今日見させて頂いた作業、 とても重要な作業だったのですね。 集中しているところ、 快く質問に答えてくださり、 ありがとうございました。     現場に行かせて頂くと 色んなことが学べて とても勉強になり、それが楽しいと感じます。   最後に・・・。 現場で色々なところの写真を 撮っていたら、ほっこりするものを 見つけました。

 

長野市 リフォーム 

お客様の思い出を見つけました。

    身長を測ることができるテープが 柱に貼ってあります。 そういえば、 私の祖父も、ちょうど同じように 兄弟3人分の成長を家の柱に 刻んでくれてたなぁ・・・(しんみり・・・) 大人になってから、柱の隣に立った時 「ずっと見守ってくれていたのだな。」 と、家族への感謝の気持ちが溢れました。    

長野市 リフォーム

家族みんなのお誕生日

家族のお誕生日まで記されています。 色んな場所に家族の思い出がたくさん見られました。 このお家で、また新たに家族の思い出が増えていくのですね。                  

2020/09/17

高気密・高断熱住宅で暮らす中で、体で感じること

大賀でお仕事を始めて、

はや2か月が経ちました。

 

解体のお手伝いやお引渡し前のお掃除などで

現場にお手伝いに行かせていただく日もありますが、

やはり大賀の事務所で過ごす時間のほうが 多い中で、

大賀の家の特徴を日々体感しております。  

 

この前、シラス壁の効果について

体感したことをブログ内でお話させて頂きましたが(2020.8/29ブログ参照)

今日は、大賀の家の室温のことで

体感したことを 紹介させて頂きます。

 

  大賀のホームページ内で事務所の

1階部分のことを紹介している文の中で、

「高気密・高断熱と

普通の断熱材のみの違いが体感できる造りになっています。」

という一文があります。

 

  これを読んで、 率直に、

「すごいわかるっ!!」と 思いました。  

 

大賀の事務所兼モデルルームに

1階には 玄関ホール、事務所、洗面所・トイレ リビング、キッチン・・・ あと、

もう一つお部屋があります。

 

長野市 地中熱活用 高気密・高断熱

写真の左側の平屋が、一般住宅と同じ施工法で造られた一室になっている。

 

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱 リノベーション

床下に伝わった地中熱をファンで2階へ搬送しているのが視覚的に見える仕組み(玄関ホール左奥)

 

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱住宅

キッチン・リビング・廊下は、肌に優しいスギの無垢材を使用している。

 

大賀の事務所は、 高気密・高断熱住宅ですが、

唯一、一般の住宅と同じ施工法で造られたお部屋があります。↓

外断熱 高気密・高断熱住宅 地中熱

一般の住宅と同じ施工法でつくられた一室は、このドアの先にあります。

 

一日に何度か、そのお部屋に出入りするのですが

ほんとーーーーーーーっに!! 全然違うのですっ!!(声を大にして言いたい)

夏のとても暑い日も、

外断熱による 高気密・高断熱の事務所やリビング等は、

外の暑さを忘れるぐらいの快適さなのですが、

その感覚のまま西側の、

そのお部屋に入ると・・・。

 

差にびっくりします。

 

 (*_*)←こんな顔になります。

 

最近涼しくなってきたので、

そんなに、びっくりすることも減りましたが・・・。

 

 以前、ご自宅を高気密・高断熱住宅へと改修する前に

大賀にいらしたお客様は、

真冬にその部屋に試しに入ってみたところ、

「寒いっ!!ここだけ自分の家と一緒だ!!」

と大笑いしながら、おっしゃっていたそうです。  

 

長々と文章を書いてしまいましたが、

結局のところ何を伝えたいかと言うと

「大賀の家は、快適。」ということです。

 

  欲を言えば、お客様にも 自分と同じように

大賀の家を体感して頂きたい・・・。

 

なかなか気軽には、 お出かけできない世の中になってしまいましたが、

大切な大切なお家を、建てようと 考えている方には、

一度だけでも 「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違い」を

ぜひ、体で感じて欲しいなと思います。

 

ご相談やご相談がございましたら、

ホームページ内 「お問い合わせ・資料請求」のページから

お気軽にお問合せください。

 

(*^^*) —————————————————————————

 

長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

2020/09/10

土壁解体!

改修工事中のK様宅にて、

土壁の解体をおこないました。

 

  8/24(月)には、窓を取り付ける為の

穴を 開けるために外壁の土壁を一部分解体しましたが、

今回は、内壁の土壁の解体をおこないました!  

 

もともと、仕切られていた壁を 解体し、

2部屋を1部屋にするという リフォームをします。

 

広々とした、1つのお部屋になる予定です(^^♪  

 

 

こ、これは・・・

前回の解体した土壁の範囲の何倍もの大きさです!

「今日は、結構大変だよ~。」

ということで 気合を入れて、

いざ!!!解体です!

貫と呼ばれる、柱を横に貫いて、

柱と柱を結びつける部材を、

バールで土壁を削りながら探していきます。

 

ベテランになると、無駄なところを削らず

ほぼ一発で土壁で見えない貫を 見つけてしまうのですごいです!!

 

露出した貫を前回同様、

ギコギコとのこぎりで切っていくと

土壁がバコッと、外れました!

 

これが・・・↓

 

こうなって↓(社長が偶然写っていました(^^))

 

↑こうなりました!(*^^*) 視界が開けて、

開放感のある空間になりました。

 

土壁の解体は、

とても大変な作業ですが 解体をする中で、

土壁の構造などをすることができて勉強になります(^^     —————————————————————————

 

長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って 高断熱リフォームをおこなうタイガハウス  

2020/09/03

本日のお客様♪

ここ何日か、とっても 涼しい風が吹いていますね。 夜、網戸越しに聞こえてくる コロコロコロ~… リーン、リーン…などのきれいな 虫の鳴き声に耳を傾けながら、 久しぶりに、気持ちよく ゆっくり熟睡したような気がします♪   大賀でも、 扇風機を回すだけで 快適に過ごすことができる時間が 徐々に長くなってきました。 私が、大賀で、 「あ~、涼しいなぁ~。」と 今、感じている涼しさは 半年前の寒い冬に大地から地中にコツコツと蓄えていた ものだと思うと、なんだか不思議な気持ちになります・・・。 例えるなら、 きれいな星空を見ながら 「今、私が見ている星の光は 何万年も昔の星の光なんだよなー…。」 としみじみと感じている時の感覚に似ています。 そして、今 不快に思われがちな夏の熱が、 冬になって、家の中で使われて 「あ~、あったかいなぁ。」と 思える日が来るのだなと思うと この残暑にも感謝の気持ちが沸いてきました(*^^*) →大賀のモデルハウス兼事務所です。   話は変わりますが、 昨日、お掃除をしている時に 窓の外を見たら、 網戸越しに、一人の・・・ いいえ、一匹のお客様を 奥さんと一緒に発見しました!   昆虫について、あまり詳しくないですが ショウリョウバッタ?? で、間違いないですかね?? まだ、小さいので赤ちゃんかな?   大賀のゴーヤのすだれの傍の 網戸がよっぽど気に入ったのか ずいぶんと長い間、そこで休んでいました♪   私は、奥さんから聞いて初めて知ったのですが、 バッタにはスピリチュアルな役割や意味が あるのだそうです!   ショウリョウバッタは漢字で書くと 「精霊飛蝗」と書き、お盆に帰ってきた ご先祖をあの世まで送り届ける役割が あるのだそうです。(全然知りませんでした。)   ほかにも、土地を守る力があるということや 大きく跳躍する予兆だとか・・・。 イギリスや中国などでは また、それぞれ違った意味があり、 大切な存在として扱われているみたいですね(^^♪   とにかく、バッタがお客さんとして 訪れたということは いいことが起きる・・・かも・・・???(*^^*)                  

2019/12/07

クリーンエネルギーを取り込む「伝導型地中熱住宅」説明会開催

これからの家は家族が快適に暮らすためだけではなく、環境に対する影響も考えなければ なりません。 古代の人びとが厳しい自然の中で生き抜くために身につけた知恵は、土の断熱性と熱を伝える性質 を利用した竪穴式住居として受け継がれてきました。 この地面の熱は、太陽からのふく射熱です。だれの家の床下にも存在する太陽の恵みです。 でもこの地面の熱を利用できるのは約半年後、夏の熱は冬に冬の冷気は夏に取り込むことがで きるのです。 夏、太陽の燃えるような熱は地面表面から少しずつ約半年かけて地中深く蓄えられます。 冬、凍るような冷気はやはり約半年かけて地表から地面の中を冷やしていきます。 その自然の流れをうまく床下から室内に取り込んで利用できるようにしていくのが 「タイガハウス」の原点である、伝導型の地中熱です。 大きな工事は必要ありません。ただ、地面のわずかな熱を利用するため家の造りにとても気を使う 必要があります。それは何かというと、完全な外断熱工法をとることです。 基礎の外側から小屋裏まで、途切れることの無い外断熱施工です。 この季節にご自身で「タイガハウス」はどんなものなのか、じっくり体感して下さい。 勿論、新築ばかりではありません。既存の住宅にこそ活用して欲しいと思っております。 大事なわが家をもう一度、暮らしやすく自然環境を考えた家にリノベーションすることができま す。取り壊して建て替えを考えている方一度「タイガハウス」を体感してください。   毎月セミナーは下記のように開催します。   ◆ 日時・・毎月第三土曜日 AM10:00~11:30 PM14:00~15:30 会場・・タイガハウスのモデルルーム内 内容・・1)伝導型地中熱の取り込み方法 ・・・・2)地中熱を活用した家づくり、外せないポイト  

  • →メールでのお申込みはコチラから
  • お電話でのお問合せ:026-293-3709当日お越しになる予定の人数をコメント欄にご記入の上、お申込み下さい。尚、ご予約は第二(水)までにお願い致します。また、当日どうしてもご都合のつかない場合もお気軽にご相談下さい。
2019/02/18

あったかい家への「断熱リノベーション」完成見学会終わりました。

減築して、ご両親と暮らすことを決めらたお施主様。二階部分を取り平屋の生活を選択しました。

ご両親にあったかく暮らして欲しい、との願いから一生懸命打ち合わせを繰り返し、時にはご家

族皆様で、また時には妹さんとお出でになったりと、そのひたむきさに胸をうたれました。

 

当社の見学会は予約制であり、午前2組、午後2組のご来場者さましか対応できません。

お出で下さった方々には、精一杯ご対応させて頂きたいと思っております。

ご来場された皆様のお話を伺ってみますと、現在住まわれている我が家の性能を向上さて、

あったかい家に暮らしたい、と希望されている方ばかりです。

 

家は壊さず、断熱リノベーションしてあったかく暮らしたい、そんな方々です。

今まで何度か弊社の工事中の現場や完成見学会にお出でになった方もおられます。

納得のいくまで勉強して下さるのは、とても嬉しく有難いです。

 

DSCF9196 DSCF9226

DSCF9227 DSCF9223

 

16日(土)は、風も強くとても寒い一日でした。この寒い季節の中の完成でしたので床下の温度は

まだ10℃程しかありません。

お施主様がここで生活を始められると、少しづつ床下の温度も上がってくると思います。

そして、これから来る夏の暑さを建て物の下に蓄え一年過ぎる頃には、床下の温度も15~17℃程

になってくるとでしょう。

 

本当に落ち着いてくるのは、3年後くらいからですがこの夏は床下の温度も16℃~18℃くらいの涼

しさを、天井に廻してエアコンの効きやすい室内環境が得られると思います。

私たちの住んでいる、事務所がそのようであったようにY様邸もそのようにだんだん暮らしやすい環

境になるでしょう。楽しみですね。

娘さんのご両親を思う気持ちが伝わる、あったかい家リノベーションはまたお伝えします。

 

2019/01/19

築44年の家の断熱リノベーション、建て替えする前にこそ見て欲しい、完成見学会開催!

一年中で今が一番寒いこの時期、大賀の「長期優良住宅化リフォーム」の家が完成しました。

築44年の家が断熱リノベーションで新築以上の性能を持った家に生まれ変わりました。

これからお施主様の暮しが大きく変わることと思います。

なにが一番うれしいかというと、この時季でしたらやはり夜寒く無いこと、朝寒く無いこと。

肩まですっぽり布団をかぶったり、電気毛布や敷毛布はいらない生活になります。肩の凝らない暮らしができるようになります。

今家を壊して建て替えようか、どうしようか・・お悩みの方にこそ、この見学会にお出で頂きたいと思っております。

もう、家は取り壊す時代ではありません。家の性能を重視したリノベーションで、今までの暮しが大きく変わります。何が大きく変わるのかは、ご自身でお確かめ頂きたいと思います。

 

見学会はお施主様のご厚意によるものです。2日間限定で以下のように開催致します。

尚、予約制ですのでお手数をお掛け致しますがご連絡をお願い致します。

 

◆開催日時・・平成31年2月16日(土)~2月17日(日)の両日 10:00~16:00

◆開催場所・・長野市柳原 詳細はお申込みいただいたときにお伝え致します。

・ご予約フォームに入力いただいた個人情報は、弊社で厳重に管理させて頂きます。

 

  • →メールでのお申込みはコチラから
  • お電話でのお問合せ:026-293-3709

    当日お越しになる予定の人数とご希望の日時をコメント欄にご記入の上、お申込み下さい。

    尚、ご予約は2月13日(水)までにお願い致します。

    また、当日どうしてもご都合のつかない場合もお気軽にご相談下さい。

 

既存住宅を「長期優良住宅化リフォーム」であったかい家にするとこんなにお得です

〇国からの補助金が受けられます。最大300万円~200万円

〇国から優良住宅のお墨付きが発行されるので、住宅の資産価値が上がる

〇税金面でかなりお得・・新築時とちがい「住宅取得税」がかからない、又、固定資産税も以前の ままの金額で済む

〇家に対する想い、こだわり部分を残すことができる

〇改修費と同金額で同性能の新築住宅は建たない(新築にすると家が小さくなる)

〇暮らしていた家の不都合な部分が分かっているので、改修目的がはっきりしており、そのため図面では分かりずらいことも、実物を見ながら具体的に設計に係れる

〇冬あったかくて、夏涼しい家になり、ヒートショックの心配がなく、健康に暮らすことができる

欠点としては、強度的な問題から抜けない柱や取れない壁などがあり、設計上で我慢することも出てくる

 

以上のようなことがあげられますのでご参考にして下さい。

 

「国からの補助金交付受付が延長されました」

昨年11月末までで〆切とされていた「長期優良住宅化リフォーム」の補助金応募の受け付けが延長になりました。最高額300万円~200万円です。

これにより4月の新年度を待たずに、応募可能になりましたのでご希望の方はご相談、ご利用ください。

 

 

 

 

2018/09/12

地中熱を使った断熱改修~木工事

基礎工事が無事に終了すると、これから本格的に木工事が始まります。

耐震補強工事、サッシ枠取り付け、床張り、断熱の壁内通気、断熱材二重張りの屋根断熱、など

など木工事全てを大工さんが施工するようになります。

高気密・高断熱住宅の一番基本になる高気密の部分ですが、これは大工さんの腕と経験がモノを言います。棟梁の腕と経験なのです。

勿論、棟梁ばかりではなく、どの大工さんでも同じことです。

特に既存住宅を高気密・高断熱住宅にリノベーションする場合は解体(壊し)の部分から手を貸すようになります。

なぜ?・・これから自分の手で工事をしようとする建物は、自分の納得できるように、作業がやりやすいように解体しておく必要があるからです。

「あ~ここ壊されちゃったのか~」、というようなことがあっては、お施主様にとっても、作り手にとっても時間と費用の無駄になるからです。

DSC_0039 (2) DSC_0050

DSC_0037 DSC_0042

(土台と柱の補強金物)            (柱と筋交の補強金物)

既存住宅のリノベーション工事では耐震補強工事は最も重要なチェックポイントです。

部分的に土壁(既存の壁)を削り取り、補強金物を取り付けたり筋交いを足していきます。

(耐震診断のインスペクションを行い、強度の不足分を補っていきます)

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん