地中熱の家 タイガハウス

長野市で高断熱の新築や断熱リフォームをお考えなら、タイガハウスにお任せください!TEL.026-293-3709(営業時間/8:30~18:00 定休/日曜日、祝日)

HOME > スタッフブログ > 築44年の家 .断熱リノベーションであったかく!

スタッフブログBlog

2019.02.28

築44年の家 .断熱リノベーションであったかく!

ご家族の思いを繋ぐ、

断熱リノベーションのあったかい家に生まれ変わった

Y様邸。

 

先日、完成見学会を終えました。

 

寒い中お出で下さった方々にお礼申し上げます。

 

外観写真。

下が二階を取り除いたリノベーション後の住宅になります。

DSC_0001

DSC_0004

 

外壁は玄関ドアーに合わせ明るく塗装した

無垢材腰壁に「シラスそとん壁」で仕上げました。

 

DSC_0004

 

DSC_0003

 

お引渡しが終わり、お引越しも終えて落ち着いた環境になるまで、

少し時間がかかると思いますが、

全く新しくなった我が家での生活は、

どんな感じでしょうか?

少ししたらお聞きしたいですね。  

 

DSCF9197

DSCF9202  

 

キッチンの向かい側に設置した、自在コーナー。

 

ここは、お母様がかつて使用していた

和裁の裁断板を設計担当者が生かしてくれました。

 

厚くて硬い無垢材で丁寧に使われていたのでしょう、

ナラか桜でしょうか?

これを処分してしまう のは忍びないです。

 

お母様の思い出の品を生かして

このコーナーを造ることを提案しました。

 

一つの部屋にしてしまうと

キッチンの目の前で圧迫感があります。

 

壁を付けないことにより室内も広々と感じます。

 

この部屋でパソコンを使うも良し、

アイロンをかけても良し、

ミシンを出して仕事の途中でも、

目 の前の一段上がった壁により

中の様子が居間からは見えないので、

突然の来訪者にも慌てることは なく作業ができます。

 

ドアーが無いので誰が使ってもOKなこのコーナーですが、

一番喜んだのがやはりお母様でした。

 

居間側から見た和室とキッチン側から見た和室続きのご両親の寝室。

  DSCF9209 DSCF9220

 

  ご両親の寝室の脇のドア-を開ければすぐトイレになります。

 

キッチンのドアーを明けるとパントリーに。

  DSCF9192 DSCF9199

DSCF9184 DSCF9215  

 

かつて増築された部屋は、若夫婦の部屋になりました。

 

以前居間で使われていたドアーは

再利用さ れています。

 

このドアーを閉めてしまえば

家族のスペースとかけ離れた一つの大きな部屋になりま す。

 

ドアーで仕切られないクローゼットの

洋服掛けは取り外し自由。

 

ここにタンスを置こうが、

机を 置こうが自由に使用できる通路&クローゼット。

 

この先が6畳に押入が付いた和室になります。

 

仕切りの扉とか襖はありません。  

 

DSCF9227

 

  見学会当日は、打ち合わせの場所としてお借りしましたが、

落ち着いて話がしやすかったです。

 

お引き渡しにみえたご家族の笑顔に会うと、

やっぱりうれしいな~・・。  

 

 

一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん一般社団法人 暮らし振興支援機構 はなきりん